ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

食中毒について

食中毒とは?

 食中毒とは、食品、添加物、器具、容器包装に含まれた又は付着した微生物、化学物質、自然毒等を摂取することによって起きる、急性の健康被害のことをいいます。
 主な症状としては、下痢、腹痛、嘔吐、発熱などです。
 食中毒は、微生物(細菌、ウイルス等)によるもの、化学物質によるもの、自然毒によるもの及びその他に大別されます。

食中毒原因物質の分類

これら食中毒の原因のうち微生物性食中毒が約9割を占めます。

主な微生物による食中毒

食中毒を予防するには?

食中毒は飲食店等だけでおこるとは限りません。

食中毒は家庭でも発生しています。

また、夏場は特に「腸炎ビブリオ食中毒」に対する注意が必要です。

 ○家庭で夏場の腸炎ビブリオ食中毒を防ぐポイントについては、公益社団法人日本食品衛生協会のページをご覧ください。

家庭における食中毒予防の6つのポイント

1 食品の購入は?

生鮮食品の図

・生鮮食品は新鮮なものを
・表示のある食品は消費期限などに注意

2 家庭での保存は?

10度以下で保存

・冷蔵の必要な食品はすぐに冷蔵庫へ
・肉・魚はビニール袋や容器に入れて
・冷蔵庫の詰め過ぎに注意
 [7割ぐらいが目安]
・10℃以下となるように

3 下準備は?

まないたの消毒の図

・手をよく洗う
(特に生肉、魚、卵を触った後)
・清潔なタオルやふきんを使う
・包丁やまな板はよく洗い、熱湯消毒する
・生野菜もよく洗う

4 調理は?

よく加熱の図

・加熱は中心部まで十分に
 《O157は、75℃、1分間の加熱で死滅します》

5 食事は?

手洗いの図

・手をよく洗う
・調理後の食品は早めに食べる
 《O157は、室温でも15~20分で2倍に増えます》

6 残った食品は?

残り物を捨てる図

・清潔な容器に保存
・温め直すときも十分に加熱
・時間が経ち過ぎたら捨てる

食中毒の発生状況は?

各年の愛知県の食中毒発生状況については、食中毒発生状況一覧のページをご覧ください。
食の安全・安心情報サービスへ

「食の安全・安心情報サービス」のトップに戻る

問合せ

愛知県 健康福祉部 健康担当局生活衛生課 食品衛生・監視グループ
電話: 052-954-6249
E-mail: eisei@pref.aichi.lg.jp