ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > くらし・安全・環境 > 安心・安全 > 生活環境の安全 > まつ毛エクステンションについて

まつ毛エクステンションについて

 まつ毛エクステンションの流行に伴い、消費生活センター等へ寄せられる健康被害に関する相談件数が増加しています。

 まつ毛エクステンションとは、シルクや化学繊維などの人工毛を専用の接着剤でまつ毛につけ、まつ毛をボリュームアップする手法で、本数や長さ、カールのタイプ、色などを自分の好みで選べ、最近は人工毛を一本一本まつ毛につける手法が主流となっています。

 扱い方やまつ毛の状態により個人差はありますが、3~4週間でつけ直すのが、一般的です。

 しかし、目元は皮膚が薄く粘膜と接しているので非常にデリケートな部分です。そのため、まつ毛を加工したり目元で化学物質を使う施術は、目に不要な刺激を与えたり、施術により目の角膜を傷つけたりして、目の危害に直結する危険があります。

 まつ毛エクステンションの危険性に関する情報は、厚生労働省、消費者庁や独立行政法人国民生活センターから公表されていますので、まつ毛エクステンションの危険性に対する理解の参考としてください。

 

施術を受けようと考えている県民の皆様へ

 まつ毛エクステンションの施術は、美容師法に定める美容行為に該当します。

 まつ毛エクステンションは、美容所で、十分に技術のある美容師から施術を受けてください。

 また、まつ毛エクステンションの健康被害等のリスクを十分に理解の上、施術前に施術者に十分な説明を求め、適切に施術を行う施設を選択してください。 

 施術後、眼等に異常を感じた場合は直ちに医師の診察を受けてください。その際には、まつ毛エクステンションの施術を受けたことをきちんと告げて診察を受けてください。

施術をされる営業者の方へ

 まつ毛エクステンションの施術は、美容師法に定める美容行為に該当します。

 まつ毛エクステンションの施術は、管轄の保健所の確認を受けた美容所内で美容師が行ってください。

 新たに美容所の開設を考えている営業者の方は、事前に最寄りの保健所へ相談してください。

愛知県保健所等一覧(名古屋市、豊橋市、岡崎市、豊田市除く)

 

 また、まつ毛エクステンションの施術を行う美容師は、取り扱う接着剤などの素材や、目や目元の人体についてなど、様々な知識と高度な技術が必要とされます。まつ毛エクステンションの施術に当たっては、あらかじめ顧客の状況に応じて施術が可能であるかを問診票等を用いて確認し、施術の前に、施術中の注意事項や施術後のケア、健康被害のリスク等について、利用者に十分な説明を行い、理解を得てください。加えて、器具の消毒などの衛生管理を徹底し、健康被害の発生防止に努めてください。

 なお、万一、眼等に異常が生じた場合には、直ちに眼科、皮膚科等の医師の診察を受ける必要があることを利用者に説明してください。

リンク集

○厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/seikatsu-eisei30/index.html
○独立行政法人国民生活センター
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20150604_1.html
○消費者庁(消費者生活相談窓口)
http://www.caa.go.jp/globalnavi/damage_a.html

問合せ

愛知県 健康福祉部 保健医療局生活衛生課
環境衛生グループ
電話:052-954-6299(ダイヤルイン)
内線:3258、3259
E-mail: eisei@pref.aichi.lg.jp