ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > くらし・安全・環境 > 安心・安全 > 生活環境の安全 > 災害時における生活環境安全対策マニュアルについて

災害時における生活環境安全対策マニュアルについて

災害時における生活環境安全対策マニュアルについて

 災害発生時には、被災された多くの県民の方は、避難所生活を余儀なくされることが想定されます。

 災害の規模が大きければ大きいほど避難所生活が長期化することが予想されるため、感染症の発生や飲料水・食品等に起因する健康影響の発生リスクが高まります。

 そのため、本県では、東日本大震災での職員派遣の経験や各自治体(宮城県、東京都、広島県、川崎市等)で公表されているガイドライン等を踏まえ、保健所の生活環境安全担当者で構成されたマニュアル作成班が中心となって、大規模災害時における避難所の衛生指導のためのマニュアルを作成いたしました。

 本マニュアルでは、水道等のライフラインが復旧する前までの避難所が設置されて間もない時期の「発災初期」とライフライン復旧後の避難所の運営が安定し始めた時期の「復旧期」に分けて、避難所の衛生管理の注意点やポイントを具体的に示しました。

災害時における生活環境安全対策マニュアル

表紙・目次

第1章 はじめに

第2章 発災初期-水道等ライフライン復旧前-

第3章 復旧期-水道等ライフライン復旧後-

第4章 その他

第5章 資料編

問合せ

問合せは
愛知県健康福祉部保健医療局生活衛生課
 環境衛生グループ
 電話: 052-954-6299(ダイヤルイン)
 E-mail: eisei@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)