ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 保健医療局生活衛生課 > 食品表示(衛生事項)について

食品表示(衛生事項)について

食品表示法について

 食品を摂取する際の安全性及び一般消費者の自主的かつ合理的な食品選択の機会の確保するため、食品衛生法、農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律(JAS法)及び健康増進法の食品表示に関する部分を統合した「食品表示法」が平成27年4月1日に施行されました。
 なお、旧基準(食品衛生法、JAS法及び健康増進法)に基づく表示が可能な猶予期間は、加工食品については5年間(平成32年3月31日まで)ありますが、生鮮食品については平成28年9月30日で終了しています。
 生活衛生課が主管する食品表示法の衛生事項(旧食品衛生法に規定されていた表示事項等)の主な内容は以下のとおりです。品質事項(旧JAS法に規定されていた表示事項等)についてはこちらのページを、食品表示のお問合せについてはこちらのページを、食品表示法についてはこちらのページ(消費者庁ホームページ)をご覧ください。

賞味期限及び消費期限

保存の方法

食品添加物

アレルゲン表示

遺伝子組換え食品

製造者固有記号

賞味期限又は消費期限について

賞味期限
 定められた方法により保存した場合において、期待される全ての品質の保持が十分に可能であると認められる期限を示す年月日です。ただし、賞味期限を超えた場合であっても、これらの品質が保持されていることがあるものとされています。
 なお、製造又は加工した日から賞味期限まで3ヶ月を超える場合は、年月の表示で可能です。

消費期限
 定められた方法により保存した場合において、腐敗、変敗その他の品質の劣化に伴い安全性を欠くこととなるおそれがないと認められる期限を示す年月日です。

 なお、消費期限又は賞味期限の表示を省略できる食品もあります。

【例】
 消費期限 20160930
 賞味期限 平成32年3月31日

      ページ上に戻る

保存の方法について

 食品の特性に従って表示します。ただし、食品衛生法第十一条第一項の規定により保存の方法の基準が定められたものにあっては、その基準に従って表示します。

 なお、保存の方法の表示を省略できる食品もあります。

【例】
 保存方法 保存温度10℃以下
 保存方法 4℃以下で保存

   ページ上に戻る

食品添加物について

 食品に含まれる食品添加物については、使用した添加物を原則として全て物質名で表示します。
 なお、以下のようなルールがあります。

○用途名
 以下の用途に使用する添加物にあっては、用途名と物質名を表示します。

 
用途用途名
甘味料甘味料、人工甘味料又は合成甘味料
着色料着色料又は合成着色料
保存料保存料又は合成保存料
増粘剤、安定剤、ゲル化剤又は糊料主として増粘の目的で使用される場合にあっては、増粘剤又は糊料
主として安定の目的で使用される場合にあっては、安定剤又は糊料
主としてゲル化の目的で使用される場合にあっては、ゲル化剤又は糊料
酸化防止剤酸化防止剤
発色剤発色剤
漂白剤漂白剤
防かび剤又は防ばい剤防かび剤又は防ばい剤

○一括名
 以下の用途に使用する添加物にあっては、物質名ではなく一括名を使用できます。

 
用途一括名
イーストフードイーストフード
ガムベースガムベース
かんすいかんすい
酵素酵素
光沢剤光沢剤
香料香料又は合成香料
酸味料酸味料
チューインガム軟化剤軟化剤
調味料(甘味料及び酸味料に該当するものを除く。)アミノ酸のみから構成される場合にあっては、調味料(アミノ酸)
主としてアミノ酸から構成される場合(アミノ酸のみから構成される場合を除く。)にあっては、調味料(アミノ酸等)
核酸のみから構成される場合にあっては、調味料(核酸)
主として核酸から構成される場合(核酸のみから構成される場合を除く。)にあっては、調味料(核酸等)
有機酸のみから構成される場合にあっては、調味料(有機酸)
主として有機酸から構成される場合(有機酸のみから構成される場合を除く。)にあっては、調味料(有機酸等)
無機塩のみから構成される場合にあっては、調味料(無機塩)
主として無機塩から構成される場合(無機塩のみから構成される場合を除く。)にあっては、調味料(無機塩等)
豆腐用凝固剤豆腐用凝固剤又は凝固剤
苦味料苦味料
乳化剤乳化剤
水素イオン濃度調整剤水素イオン濃度調整剤又はpH調整剤
膨張剤膨張剤、膨脹剤、ベーキングパウダー又はふくらし粉

【例】
 調味料(アミノ酸等)
 増粘剤(キサンタンガム)
 甘味料(ステビア)

○表示の省略
 以下の場合は、添加物の表示を省略できます。

1 栄養強化の目的で使用した添加物(ただし、一部の食品については省略不可。)
2 加工助剤
 食品の加工の際に添加されるものであって、以下の3事項のいずれかを満たすもの
(1)その食品の完成前に除去されるもの
(2)その食品中に通常含まれる成分と同じ成分に変えられ、かつ、その成分の量を明らかに増加させるものではないもの
(3)その食品中に含まれる量が少なく、かつ、その成分による影響を当該食品に及ぼさないもの
3 キャリーオーバー
 食品の原材料の製造又は加工の過程において使用され、かつ、当該食品の製造又は加工の過程において使用されないものであって、当該食品中には当該添加物が効果を発揮することができる量より少ない量しか含まれていないもの

   ページ上に戻る

アレルゲン表示について

 アレルギー体質の人がその発症を予防するためには、 原因となる物質を食べないことが大切です。そのため、食品を適切に選ぶ為の手助けとなるように、食物アレルギー症状を引き起こすことが明らかになった食品のうち、特に発症数、重篤度から勘案して表示する必要性の高い食品(=特定原材料)を含む加工食品について、その「特定原材料」を含む旨を表示しなければなりません。
 また、「特定原材料に準ずるもの」として指定されている20品目についても、その食品を原材料に含む旨を表示することが奨励されています。

特定原材料(7品目):義務

 えび、かに、小麦、そば、卵、乳、落花生

特定原材料に準ずるもの(20品目):奨励

 あわび、いか、いくら、オレンジ、カシューナッツ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、ごま、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン

○表示の方法
・原材料の表示方法
 原則、原材料名の直後に括弧を付して表示します。なお、特定原材料のうち「乳」については「乳成分を含む」と表示します。
【例】
 チーズ(乳成分を含む)
 マヨネーズ(卵を含む)
 卵黄(卵を含む) 

・添加物の表示方法
 原則、添加物の物質名の直後に括弧を付して表示します。なお、特定原材料のうち「乳」については「乳由来」と表示します。
【例】
 ラクトフェリン(乳由来)
 グルテン(小麦由来)
 増粘剤(ペクチン:リンゴ由来)

・代替表記と拡大表記
 特定原材料及び特定原材料に準ずるもの(以下、「特定原材料等」とします。)の表示と同一のものであると認められるものとして、表記方法や言葉が違うが、特定原材料と同一であるということが理解できる「代替表記」と、特定原材料等の名称又は代替表記を含んでいるため、これらを用いた食品であると理解できる表記である「拡大表記」があります。

代替表記及び拡大表記 例
特定原材料代替表記拡大表記
えび海老、エビえび天ぷら、サクラエビ
かに蟹、カニ上海がに、カニシューマイ、マツバガニ
小麦こむぎ、コムギ小麦粉、こむぎ胚芽
そばソバそばがき、そば粉
卵※玉子、たまご、タマゴ、エッグ、鶏卵、あひる卵、うずら卵厚焼玉子、ハムエッグ
ミルク、バター、バターオイル、チーズ、アイスクリームアイスミルク、生乳、ガーリックバター、牛乳、プロセスチーズ、濃縮乳、乳糖、加糖れん乳、乳たんぱく、調製粉乳
落花生ピーナッツピーナッツバター、ピーナッツクリーム

※「卵白」及び「卵黄」については「卵」を含んでいますが、拡大表記として含む旨の表示を省略することはできません。「卵白(卵を含む)」、「卵黄(卵を含む)」と表示してください。

○表示の省略
 2種類以上の原材料又は添加物を使用している食品であって、原材料又は添加物に同一の特定原材料等が含まれている食品では、そのうちのいずれかに特定原材料等を含む旨又は由来する旨を表示すれば、それ以外の原材料又は添加物については、特定原材料等を含む旨又は由来する旨を省略することができます。

 

  ページ上に戻る

遺伝子組換え食品について

 遺伝子組換え食品については、国による安全性審査を受けたものでなければ、販売・流通が認められていません。
 また、大豆、とうもろこし等の農産物やその加工食品については、原材料に遺伝子組換え食品を用いていたり、非遺伝子組換え食品との分別生産流通管理をしていない場合は、「遺伝子組換え」や「遺伝子組換え不分別」という表示を行う必要があります。
 表示の対象は、大豆、とうもろこし、ばれいしょ、なたね、綿実、アルファルファ、てん菜、パパイヤの8作物とその加工食品です。

【例】
 大豆(遺伝子組換え)
 とうもろこし(遺伝子組換え不分別)

 ページ上に戻る

製造者固有記号について

 製造者固有記号制度とは、表示義務がある「製造所の所在地及び製造者の氏名又は名称」表示を、あらかじめ消費者庁に届け出た製造所固有記号の表示をもって代えることができる制度です。
 食品表示基準では、製造所固有記号の表示は、原則として同一製品を2以上の製造所で製造している場合に認められています。
 ただし、固有記号を使用する場合は以下の3つのいずれかを表示します。
1 製造所固有記号が表す製造所の所在地及び製造者の氏名又は名称について回答できる者の電話番号
2 当該アドレスにアクセスした結果、アクセスした者が速やかに製造所の所在地等の情報を把握することができるアドレス
3 当該製品を製造している全ての製造所の所在地、製造者の氏名又は名称及び製造所固有記号

【例】
・製造者の場合
 製造者  ○×△株式会社   +ABC
        愛知県●▲市▽3-1-2
 ABC:○×△株式会社 ○○工場 愛知県○○市●●3
 DEF:○×△株式会社 ××工場 愛知県××市▲▲1
 GHI:○×△株式会社 △△工場 愛知県△△市▽▽2

・販売者の場合
 販売者  (株)会社××○     +AB
        愛知県●▲市▽3-1-2
 お客様ダイヤル 0120(○●)○●○●

ページ上に戻る