ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

臓器移植

臓器移植とは

 臓器移植とは、病気や事故等によって臓器が機能しなくなった方に、他の方の健康な臓器を移植して、機能を回復させる医療ですが、この医療は善意による臓器の提供が無ければ成り立ちません。

 日本では、臓器の移植希望登録をしている方は、約14,000名いらっしゃいます(平成29年2月末現在)。しかし、残念ながら、日本では移植を受けた方より、移植の機会を待ちながらお亡くなりになられた方が多いのが現状です。

 自分が最期を迎えたとき、あなたの意思で救える命があります。

臓器提供の意思表示について

 平成22年1月の臓器移植法の改正で、親族への優先提供の意思を書面により表示することができるようになりました。また同年7月には改正臓器移植法が全面施行され、本人の意思が不明な場合でも、家族の承諾があれば臓器提供ができるようになり、このことにより、15歳未満の方からの脳死後の提供も可能となりました。

 意思表示カード等では、「臓器を提供する」という意思だけでなく、「臓器を提供しない」という意思表示もできるようになっています。臓器を提供しないという意思表示がある場合には本人の意思が尊重されるため、家族が提供を希望しても提供されることはありません。

 臓器を提供する、提供しないにかかわらず、ひとりでも多くの人が意思を表示し、一人ひとりの意思がしっかり尊重されながら移植医療が発展していくことが望まれます。

 

意思表示の方法

臓器提供に対する意思表示の方法としては、大きく3つの方法があります。

意思表示カードへの記入

意思表示カードは、各市町村役場の窓口、保健所のほか、一部のコンビニエンスストア等に設置されています。 
表面

表面

裏面

裏面

医療保険の被保険者証・運転免許証・マイナンバーカード(個人番号カード)の意思表示欄への記入

医療保険の被保険者証や運転免許証・マイナンバーカード(個人番号カード)にも意思表示欄が設置される取組が進んでいます。

インターネットからの意思登録

公益社団法人日本臓器移植ネットワークのホームぺージ(https://www2.jotnw.or.jp/)、モバイルサイト(http://www.jotnw.or.jp/m/)でも、意思を登録することができます。 

登録をすると、IDの入った登録カードが発行されます。

臓器移植に関するQ&A

Q.なぜ、臓器提供についての意思表示が大切なのですか?

A.臓器提供については、まず本人の意思が尊重され、さらに家族の承諾が必要となります。本人の意思が不明な場合は、家族が臓器提供を行うかの決断をすることになります。

  自分の死後のことを自らの意思で決めるために、また家族が本人の意思を尊重しながら決断することができるように、その意思表示を示しておくことが大切です。

Q.提供するときに、費用の負担や謝礼はありますか?

A.あくまでも善意に基づく無償の提供ですので、臓器提供者の方には提供に係わる費用は一切かかりません。

  また葬儀の費用や謝礼が支払われることはありませんが、臓器を提供した場合厚生労働大臣から感謝状が贈られます。

Q.意思表示は誰にでもできますか?

A.臓器を提供する意思表示は15歳以上の方であればどなたでも可能であり、年齢の上限はありません。高齢の方でも病気で薬を飲んでいる場合でも意思表示はできますが、がんや全身性の感染症で亡くなられた場合に臓器提供できない場合があり、実際の臓器提供時に医学的検査をして判断されます。

  なお、提供しないという意思表示は、年齢にかかわらず有効です。

Q.親族優先提供の意思表示をする場合、親族間で優先順位を付けることはできますか?

A.公益社団法人日本臓器移植ネットワークのホームページから意思を登録することができます。このほか、臓器提供意思表示カード・医療保険の被保険者証や運転免許証・マイナンバーカード(個人番号カード)の意思表示欄の特記欄に「親族優先」と記入することもできます。

  なお、移植希望の登録をしている親族※がいない場合や、移植希望登録されている親族の方が医学的な条件を満たさない場合は、親族以外の方に移植が行われます。

  (※配偶者、子ども及び父母を指します。)

  親族優先提供の詳細につきましては、下記PDFファイルをご確認ください。

親族優先提供に関する重要なお知らせ

臓器移植リーフレットについて

 公益社団法人日本臓器移植ネットワークでは、移植体験者や臓器提供者の家族の思いなどを中心とした読みやすいリーフレットのシリーズ「think transplant」を作成しています。

 「think transplant」は公益社団法人日本臓器移植ネットワークのホームページでご覧になれます。
 (http://www.jotnw.or.jp/community/d_think_transplant/index.html

関連団体リンク

○ 公益社団法人日本臓器移植ネットワーク http://www.jotnw.or.jp/

○ 公益財団法人愛知腎臓財団 http://www.ai-jinzou.or.jp/index.html

問合せ

愛知県 健康福祉部 保健医療局
医務課医務グループ
電話  052-954-6274(ダイヤルイン)
E-mail imu@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)