ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 健康管理 > 在宅医療連携拠点推進事業

在宅医療連携拠点推進事業

在宅医療連携拠点推進事業

在宅医療連携拠点推進事業説明会を開催しました。

 住み慣れた地域で生活することを支えるためには、医療・介護にまたがる様々な支援を提供する必要があります。
 本県では、在宅医療・介護を連携させる仕組みを面的に整備するため、市町村や地区医師会等を連携拠点として、地域の医師、歯科医師、薬剤師、看護職員、ケアマネジャー等の多職種協働による在宅医療支援体制の構築を図り、在宅医療に関する地域住民への普及啓発を促進することにより、包括的かつ継続的な在宅医療の進展に資することを目的とする「在宅医療連携拠点推進事業」の実施を検討しています。

以下のとおり、事業説明会を実施しましたので、ご案内します。

 なお、「在宅医療連携拠点推進事業」は平成25年度補正予算に計上するための議案を9月定例県議会に提案しています。事業計画書の提出期限は9月補正予算成立後の10月15日(火曜日)を予定していますので、事業実施を希望される方は準備を進めてください。

 

1 日時

平成25年9月12日(木曜日)午後3時30分から午後5時まで

2 場所 

愛知県自治センター6階 会議室I

 名古屋市中区三の丸三丁目1番2号

 電話052-961-2111 内線5769

 

3 資料

次第

地域における医療と介護が連携する在宅医療連携拠点の構築について 独立行政法人国立長寿医療研究センター在宅連携医療部長 三浦久幸氏

地域における医療と介護が連携する在宅医療連携拠点の構築について 

在宅医療連携拠点推進事業(案)の進め方

在宅医療連携拠点推進事業(案)の進め方

在宅医療連携拠点推進事業計画書

在宅医療連携拠点推進事業計画書(説明会後の検討で若干修正が加えられていますのでご注意ください。)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)