ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 健康管理 > 在宅医療従事者能力向上研修事業

在宅医療従事者能力向上研修事業

在宅医療従事者能力向上研修事業

目的

 在宅医療においては、医師、歯科医師、薬剤師、看護師、リハビリテーション専門職などの医療関係職種と、ケアマネジャーなどの介護関係職種の方々が、お互いの専門的な知識を活かしながらチームとして、患者・家族の生活を支えていくことが重要です。
 本研修は、「在宅医療と介護の連携に市町村が主体的に取組む重要性」を理解するとともに、「地域ごとに多職種が連携するネットワークが構築」され、将来的には「市町村等が本研修会参加者と連携を図り、地域が主体的に研修会を開催することで、県内全市町村において在宅医療連携体制が構築される」ことを目標に実施するものです。

平成25年度在宅医療従事者能力向上研修事業

平成26年度在宅医療従事者能力向上研修事業