ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 献血・ドナー登録 > さい帯血移植について

さい帯血移植について

さい帯血移植について

さい帯血とは

 「さい帯血」とは、赤ちゃんとお母さんを結ぶさい帯(へその緒)と、お母さんの胎盤に含まれる血液をいいます。さい帯は出産後は不要となりますが、その血液中には骨髄と同様の、赤血球、白血球、血小板を作り出すもとである「造血幹細胞」が豊富に含まれています。

さい帯血移植とは

 さい帯血移植は、骨髄移植と同じ造血幹細胞移植の一つで、白血病や再生不良性貧血などの血液疾患、ある種の遺伝疾患などの治療に使われます。

さい帯血バンク

 さい帯血バンクは善意により提供されたさい帯血を冷凍保存し、さい帯血移植を希望する患者さんに提供する組織です。

 移植手術の安全を確保するため、さい帯血を採取する施設には高度な技術や設備などが必要で、どの産科施設でもさい帯血を提供できるわけではありません。さい帯血が提供できるのは、さい帯血バンクと提携している産科施設に限られます。

 さい帯血の提供及び移植に関するご質問、お問合せは、

   中部さい帯血バンク http://www.tokai-saitaiketu-bank.org/

   日本さい帯血バンクネットワーク http://www.j-cord.gr.jp/

問合せ

愛知県 健康福祉部 保健医療局医薬安全課

E-mail: iyaku@pref.aichi.lg.jp