ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

技能の振興のために

 愛知県では、産業人材の育成を積極的に推進するとともに、技能者の社会的評価を高めるための職業能力評価制度の推進や技能尊重機運の醸成を図っています。

職業能力評価制度の普及促進

技能検定制度

愛知県技能評価認定制度

愛知県複合技能士称揚制度

技能検定制度

 技能検定は、労働者の有する技能を一定の基準によって検定し、これを公証する国家検定制度です。

 技能検定は、厚生労働省が年度ごとに定める技能検定実施計画に従って、都道府県が行い、試験問題等の作成は中央職業能力開発協会が行っています。また、都道府県が行う業務のうち、受検申請書の受付や試験の実施等の業務は、各都道府県職業能力開発協会が行っています。

 技能検定の合格者には、厚生労働大臣名(特級、1級、単一等級)又は都道府県知事(2級、3級、基礎級)の合格証書が交付され、技能士と称することができます。

○厚生労働省 「技能検定制度について」

○厚生労働省 技能検定に関するポータルサイト「技のとびら」

 技能検定実施状況や試験問題、過去の統計データ、技能士の活用事例など技能検定に関する様々な情報が掲載されています。

(1)技能検定の区分

 職種ごとに特級、1級、2級、3級及び等級を区分しない単一等級があります。また、外国人研修生制度における外国人研修生の研修成果及び技能実習制度における技能実習生の習得した技能等を認定する手段として随時2級、随時3級及び基礎級があります。

(2)受検申請の手続き

 次の書類と受検手数料を愛知県職業能力開発協会へ提出してください。

  • 技能検定受検申請書(用紙は同協会及び最寄りの県民相談・情報センター及び県民相談室で交付します。)
  • 実技試験又は学科試験の免除を受ける人は、それを証明できる書面。
  • 本人確認書類の写し

(3)合格証書の再交付

 過去に愛知県から合格証書の交付を受けた方で、紛失・氏名変更等により再交付を希望される方は、以下の書類等を郵送または持参によりご提出いただくことで、再交付が可能です。

  • 技能検定合格証書再交付申請書
  • てん末書 
  • 再交付手数料(愛知県収入証紙 2,000円分)  ※収入証紙はお近くの市区町村役場でご購入の上、申請書に貼らずに提出してください。
  • 氏名変更の場合は、氏名を変更したことが確認できる証明書(戸籍謄本又は戸籍抄本等)の原本及び旧氏名の合格証書

※  合格の事実確認を行いますので、必ず事前に下記まで問合せください。

 【 再交付申請書提出先・問合せ先】

  〒460-8501 (住所記載不要)

  名古屋市中区三の丸3-1-2 愛知県産業労働部労政局産業人材育成課 技能振興グループ

  T E L :052-954-6375

技能検定合格証書再交付申請書、てん末書及び記入例

(4)技能実習生向け技能検定 

 外国人技能実習制度は、国際貢献のため開発途上国等から実習生を受け入れ、働きながら日本の優れた技能や技術を身につけてもらうことにより、帰国後に母国の経済発展を支える人材となってもらう制度で、技能実習法の施行に伴い、平成29年11月1日から新たな制度に移行しました。新制度では、技能実習1・2年目の終了時に実施していた技能検定試験の基礎2級・基礎1級が、実習1年目(技能実習1号)終了時の基礎級に一本化され、これまで任意であった技能実習3年目(技能実習2号)終了時の技能検定3級実技試験の受検が義務化されました。

 

〇厚生労働省「技能実習生向け技能検定の概要」 

〇外国人技能実習制度について詳しくは、外国人技能実習機構にお問い合わせください。

〇外国人技能実習制度関係者の支援については、JITCO 公益財団法人国際研修協力機構にお問い合わせください。

(5)その他

 技能検定試験の詳細については、愛知県職業能力開発協会技能検定課へ問合せください。

 T E L:052-524-2034(一般検定) 052-524-2039(基礎級検定) 

 FAX:052-325-5788(共通)

愛知県技能評価認定制度

 国が実施する技能検定の認定職種以外の職種について事業主又は事業主の団体が社内検定等を行う場合に、事業主等の申請に基づき知事が認定し、「愛知県認定技能評価」として公証します。

愛知県技能評価認定要領 [PDFファイル/91KB]

(1) 認定の基準

 職業に必要な技能と知識について、営利を目的とせず、定期的に実施され、技能評価の基準が適切で、公平に行われるもの。

(2) 認定の方法

 申請書等を知事に提出し、知事は「愛知県技能評価運営会議」の意見を聴いて認定の可否を決定します。新規申請及び大規模変更がある場合には運営会議に諮って審議することとし、年2回、夏季(8~9月頃)と冬季(2~3月頃)に開催しています。

 新規認定について詳しくは、「愛知県技能評価新規認定について [PDFファイル/56KB]をご覧ください。

(3) 認定の効果

 「愛知県認定技能評価」と表示でき、合格証書に知事の証明が得られます。

(4)県内での実施状況

 認定職種の例として、自動車組立て、航空機組立て、木製家具修理、観光バスガイド、鬼瓦技能製作などがあります。

県内での認定状況
事業所数職種数作業の種類数
42事業所188職種246作業

(5)よくある質問

 よくある質問を「認定技能評価Q&A [PDFファイル/348KB]」として紹介します。

愛知県複合技能士称揚制度

 愛知県では、技能士の技能水準の向上と、技術革新や産業構造の変革に対応できる技能者の育成を図るため、2職種(2作業)以上の技能検定に合格した方を称揚し、称揚状を交付しています。

(1)称揚の基準

複合技能士の称揚基準
区分異なる職種の合格の場合同一職種の合格の場合
どちらも1級又は単一等級称揚の対象となります称揚の対象となります
片方が1級又は単一等級でもう一方が2級称揚の対象となります称揚の対象となりません
上記以外の組み合わせ称揚の対象となりません称揚の対象となりません

※特級は、称揚の対象となりません。

(2)申請手続き

・平成29年度の申請受付は終了しました。

モノづくりの体験

あいち技能プラザ

 愛知県では、子どもから大人までが参加し、モノづくりの楽しさや技能の素晴らしさを肌で感じることができるイベント「あいち技能プラザ」を後援しています。

(1) 主催

 公益社団法人愛知県技能士会連合会

  TEL:052-524-4423  FAX:052-524-1023

(2) 会場

  吹上ホール(名古屋市中小企業振興会館)

  名古屋市千種区吹上二丁目6番3号

(3) 開催日

  平成29年11月4日(土曜日)、5日(日曜日)  

 

各種大会

技能グランプリ

  技能士の資格を有する熟練者の技能の一層の向上に寄与するとともに、技能尊重気運の醸成を図るため実施されます。

 詳細はこちらへ

最新の大会成績等

技能五輪全国大会

 青年技能者が職種別に技能を競い合うことにより、技能の重要性、必要性をアピールし、技能尊重気運の醸成を図ることを目的に実施されます。

詳細はこちらへ

最新の大会成績等

障害者技能競技大会(アビリンピック)

 障害者の職業能力の開発を促進し、技能労働者として社会に参加する自信と誇りを得るとともに、広く障害者に対する社会の理解と認識を深め、その雇用と地位の向上を図ることを目的として実施します。

リンク

問合せ

愛知県産業労働部労政局
【職業能力評価制度】【モノづくりの体験】
 産業人材育成課 技能振興グループ 052-954-6375(ダイヤルイン)
 
【各種大会】
 産業人材育成課技能五輪・アビリンピック推進室 全国大会グループ 052-954-6884(ダイヤルイン)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)