ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 建築局住宅計画課 > 耐震診断結果の報告が義務付けられた建築物の耐震診断結果

耐震診断結果の報告が義務付けられた建築物の耐震診断結果

 建築物の耐震改修の促進に関する法律に基づき、耐震診断結果の報告が義務付けられた建築物(要緊急安全確認大規模建築物)の耐震診断結果を公表しています。(建築物の耐震改修の促進に関する法律附則第3条第3項により準用する法第9条)

 なお、県内6所管行政庁(名古屋市豊橋市岡崎市一宮市春日井市豊田市)の所管分については、各市より公表されています。

対象建築物

要緊急安全確認大規模建築物

 昭和56年5月31日以前に新築の工事に着手した建築物で、病院、店舗、ホテル等の不特定多数の者が利用する建築物、小学校、幼稚園、老人ホーム等の地震の際の避難確保上特に配慮を要する者が主として利用する建築物及び一定量以上の危険物を取り扱う貯蔵場、処理場の用途に供する建築物で、その地震に対する安全性を緊急に確かめる必要がある大規模なものです。

耐震診断結果

 建築物の耐震改修の促進に関する法律附則第3条第3項において準用する同法第9条の規定に基づき公表する耐震診断結果です。

耐震診断の方法及び安全性の評価

 耐震診断結果の報告が義務付けられた建築物の耐震診断に用いる耐震診断の方法及び安全性に関する事項について、附表にまとめています。(耐震診断結果と附表の対応については、「結果の見方」をご覧ください。)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)