ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 健康管理 > 愛知県庁業務継続計画(愛知県庁BCP)[新型インフルエンザ等対応編]の策定について

愛知県庁業務継続計画(愛知県庁BCP)[新型インフルエンザ等対応編]の策定について

平成27年2月6日(金曜日)策定

 新型インフルエンザ等発生時においては、県には、感染拡大を可能な限り抑制し、県民への健康被害を最小限に抑えるための対策を迅速に行うとともに、県の行政機能を維持し、県民生活に及ぼす影響を最小限に留めることが求められます。

 これに対応するため、県では平成22年に、新型インフルエンザ流行時における業務継続に関する基本的な考え方や発生時に継続すべき業務の仕分け、職員や職場における感染防止策などについて定めた「愛知県庁業務継続計画(愛知県庁BCP)[新型インフルエンザ対応編]」(以下「旧BCP」という。)を策定し、時点修正等を加え、改定してきました。

 その後、平成25年4月に新型インフルエンザ等対策特別措置法が施行され、さらに、国の業務継続計画である「新型インフルエンザ等対応中央省庁業務継続ガイドライン」が平成26年3月に新たに策定されたことから、このたび従来の旧BCPを廃止し、新たに「愛知県庁業務継続計画(愛知県庁BCP)[新型インフルエンザ等対応編]」を策定しました。

 本計画は、国や県の新型インフルエンザ等対策行動計画に基づき、病原性が高い新型インフルエンザ(H5N1型等)の流行を想定したものです。

愛知県庁業務継続計画[新型インフルエンザ等対応編](本編)

愛知県庁業務継続計画[新型インフルエンザ等対応編](資料編)

関連リンク

愛知県インフルエンザ情報ポータルサイトへ戻る

問合せ

愛知県 健康福祉部保健医療局健康対策課
感染症グループ
電話:052-954-6272
内線:3160、3245
E-mail: kenkotaisaku@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)