ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 健康管理 > 愛知県がん対策推進条例について

愛知県がん対策推進条例について

条例制定の背景と経緯

 がんは、全国的にも本県においてもともに死亡原因の第1位であり、今後もがん罹患者の増加が見込まれます。

 こうした中、がん対策に関する施策を総合的かつ計画的に推進し、もってがんによる死亡者の減少、がん患者及びその家族の苦痛の軽減及び療養生活の質の維持向上並びにがんになっても安心して暮らせる社会の実現に寄与することを目的として、平成24年9月県議会において議員提案により愛知県がん対策推進条例が制定され、平成24年10月16日に公布、施行されました。

条例の主な内容

・県の責務、市町村の役割、保健医療関係者の役割、県民の役割、事業者の役割(第2条~第6条)

・がんの予防及び早期発見の推進、がん医療の充実(第7条~第9条)

・女性に特有のがんや小児がんに係るがん対策の充実(第10条~第11条)

・緩和ケアの充実、在宅医療の推進、がん患者等への支援(第12条~第14条)

・がん教育、がん研究の推進(第17条、第18条)

条例の全文

愛知県がん対策推進条例

問合せ

愛知県 健康福祉部 保健医療局健康対策課
がん対策グループ
電話:052-954-6326
E-mail: kenkotaisaku@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)