ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 広報広聴課 > あいちのシンボル(花・木・鳥・魚)

あいちのシンボル(花・木・鳥・魚)

県の花 カキツバタ

 在原業平朝臣が現在の知立市八橋を訪れたとき、そのあたりの花の美しさに旅情をなぐさめ、カキツバタの5字を詠み込んでうたった(伊勢物語)と伝えられています。昭和29年、NHK・全日本観光連盟などの共催により、郷土の花(県の花)に選定されました。

県の花

県の木 ハナノキ

 愛知県を中心とした中部地方にのみ自生するカエデ科の落葉樹で、昭和41年、愛知県が県民投票により、県の木に選定しました。

 北設楽郡豊根村の茶臼山山麓にある「川宇連ハナノキ自生地」は、国の天然記念物に指定されています。

県の木

県の鳥 コノハズク

 アジアやアフリカ、ヨーロッパに分布するフクロウ科の渡り鳥で「声のブッポウソウ」の別名を持っています。昭和40年、愛知県鳥獣審議会の県民投票により、県の鳥に選定されました。

県の鳥

県の魚 クルマエビ

 クルマエビは、頭部から腹部にかけてしま模様があり、体を丸めると車輪のようになることから、この名がつきました。平成2年、愛知県水産振興大会で決議され、県の魚に選定されました。
県の魚

問合せ

愛知県 政策企画局 広報広聴課
電話:052-954-6169(ダイヤルイン)
メール: koho@pref.aichi.lg.jp