ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > くらし・安全・環境 > パスポート・国際化 > 国際交流 > 北朝鮮による日本人拉致問題について

北朝鮮による日本人拉致問題について

 

北朝鮮による日本人拉致問題について

1970年代から1980年代にかけて、多くの日本人が不自然な形で行方不明となりました。これらの事件の多くは、北朝鮮による拉致の疑いが持たれています。
2002年(平成14年)9月の第1回日朝首脳会談で、北朝鮮が日本人拉致を初めて認め、その年の10月に5人の拉致被害者が帰国しました。しかし、そのほかの被害者については、いまだ進展がありません。

北朝鮮による日本人拉致問題は、国民の生命と安全に関わる重大な人権問題です。
拉致問題の一刻も早い解決は国民の願いであり、政府及び関係機関は、すべての拉致被害者の一日も早い帰国の実現に取り組んでいます。

具体的な取組などについては、下記のウェブサイトをご覧ください。

(参考)

政府拉致問題対策本部「北朝鮮による日本人拉致問題」(外部リンク)
救う会全国協議会(外部リンク)
北朝鮮による拉致被害者を救出する知事の会事務局(新潟県知事政策局国際企画課拉致問題調整室)(外部リンク)
愛知県警察本部「拉致の可能性を排除できない事案に係る捜査・調査へのご協力のお願い」(外部リンク)

北朝鮮人権侵害問題啓発週間

 毎年12月10日から12月16日は、「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」です。
 平成18年6月に「拉致問題その他北朝鮮当局による人権侵害問題への対処に関する法律」が施行されました。その中で、毎年12月10日から同月16日までの1週間は、拉致問題その他北朝鮮当局による人権侵害問題に関する国民の認識を深めるとともに、国際社会と連携しつつ北朝鮮当局による人権侵害問題の実態を解明し、その抑止を図ることを目的として、「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」と定められています。

 拉致問題は、我が国の喫緊の国民的課題であり、この解決を始めとする北朝鮮当局による人権侵害問題への対処が、国際社会を上げて取り組むべき課題とされる中、この問題についての関心と認識を深めていくことが大切です。

北朝鮮による拉致問題に関する企画展等について

 国際課では、広く県民の皆様に人権について考えていただく機会として、企画展「北朝鮮による拉致問題について」を開催します。同週間啓発ポスターを掲出するほか、北朝鮮拉致問題に関する資料配布、アニメ「めぐみ」などの映像を常時放映します。

期 間  平成29年12月11日(月曜日)~15日(金曜日) 午前9時~午後5時15分
                 (初日:午前11時から、 最終日:午後4時まで)

場 所  あいち人権啓発プラザ 名古屋市中区三の丸3-2-1 愛知県東大手庁舎3階  

      プラザ位置図

内 容  拉致問題啓発ポスターの掲示

      北朝鮮人権侵害問題啓発週間ポスターの掲示

      北朝鮮による日本人拉致問題に関する各種パンフレットの配布

      アニメ「めぐみ」「ご家族からのメッセージ」の上映

参 考   政府拉致問題対策本部 北朝鮮人権侵害問題啓発週間 

        平成29年度北朝鮮人権侵害問題啓発週間周知ポスター

問合せ

愛知県 政策企画局 国際課

E-mail: kokusai@pref.aichi.lg.jp