ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 国際課 > テキサス州の概要

テキサス州の概要

テキスト1

覚書締結年月日平成28年(2016年)4月22日
位置 アメリカ南部に位置し、メキシコと国境を接している。
面積 約70万km²(日本の約1.8倍、愛知県の約140倍、アラスカ州に次いで全米2位)
人口約2,696万人(愛知県の約3.7倍、カリフォルニア州に次いで全米2位)
気候東部は温暖湿潤気候、西部はステップ気候、州南部では亜熱帯性の気候が見られる。複数の気候区が交っている。
行政アメリカ合衆国は、平等な主権を有する州の合意に基づき創設されたものであり、各州は連邦政府とは異なる憲法(現在のテキサス州憲法は1876年に採択された)の下に、独自の立法権・司法権・行政権を有している。各州は独立した立法権を有しているが、大枠の仕組みは似通っており、三権分立の原則により組織が構成されている。テキサス州議会は上院(任期2年:150人)及び下院(任期4年:31人)の二院制をとっている。州知事は直接選挙により選出され、州の首席行政官として議会に法案や予算案を提案したり、議決された法案を拒否することができる。
歴史1700年頃  スペイン人が植民を開始
1821年   メキシコの独立に伴い、メキシコの統治下となる
1836年   テキサス共和国の建国(独立国)
1845年   アメリカ合衆国に併合(28番目の州)
産業GDPは、約1兆6,480億ドル (カリフォルニア州に次いで全米2位)
エネルギー産業、製造業(石油・化学製品、電器・電子機器、産業用機械、金属製品、食品)、運輸・通信業、卸売・小売業、教育・保健、専門サービス業が盛んである。
主要都市オースティン(州都)、ヒューストン、サンアントニオ、ダラスなど
政府観光局HPテキサス州政府観光局 http://traveltex.co.jp/
協定・覚書

日本国愛知県とアメリカ合衆国テキサス州との友好交流及び相互協力に関する覚書(日本語) [その他のファイル/278KB]

テキサス3

実施事業

○テキサス州代表団が来県

 トレイシー・マクダニエル テキサス経済開発公社理事長、ブライアン・ダニエル テキサス州政府経済開発局長を共同代表とするアメリカ・テキサス州代表団25名が、2016年4月に締結した「友好交流及び相互協力に関する覚書」に基づく交流の一環として、10月4日(火)、5日(水)に来県しました。4日に本県主催の歓迎レセプションを開催した他、翌5日には、大村知事と面談を行いました。

写真(表敬)写真(共同代表)

 

○ダラス市長・フォートワース市長一行と大村知事が面談

 日 時:11月8日(火)

 場 所:虎ノ門ヒルズフォーラム(東京都港区)

 相手方:マイケル・ローリングス ダラス市長

      ベッツィ・プライス フォートワース市長

      始め、ダラスフォートワース国際空港関係者など 25名

 テキサス州のダラス市長・フォートワース市長等からなる一行が来日し、11月8日(火)、東京で大村知事と面談を行いました。これは、2016年4月のテキサス州との「友好交流及び相互協力に関する覚書」締結を契機に、実現したものです。

写真(両市長)写真(集合)