ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 交通対策課 > リニモ沿線地域づくり重点プラン2016-2020について

リニモ沿線地域づくり重点プラン2016-2020について

リニモ沿線地域づくり重点プラン2016-2020

 愛知県と沿線市(瀬戸市、豊田市、日進市及び長久手市)は、平成21年3月に策定した「リニモ沿線地域づくり構想」(以下「構想」という。)をもとに、リニモを積極的に活用した新しい地域づくりを推進しています。

 この構想に記載する主要施策が、平成27年度に目標年次を迎えることから、これまでの取組や外部環境の変化などを踏まえ、平成28年度から平成32年度までの5年間に取り組むべき施策を取りまとめた「リニモ沿線地域づくり重点プラン2016-2020」を下記のとおり策定しました。

1 策定主体

 県及び沿線市(瀬戸市、豊田市、日進市及び長久手市)が共同で策定。

2 目標年次

 構想に掲げる2025 年(平成37 年)頃を展望した将来像の実現に向けて、2020 年(平成32 年)を取組の目標年次とする。

3 対象地域

 地域づくりを計画的に誘導していくことが必要な「長久手古戦場駅」から「八草駅」までの6つの駅周辺(概ね1km 圏)及び「海上の森」を主な対象地域とする。

4 重点プランの基本的な視点

 地方創生、訪日外国人の増加、リニアの開業等を見据え、「居住人口」を増やすための市街地整備の推進はもとより、広域的な観光等に着目した「交流人口」の増加に軸足を置いた取組を行っていく。

リニモ沿線地域づくり重点プラン2016-2020【概要】

リニモ沿線地域づくり重点プラン2016-2020【全文】

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)