ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 農林基盤局農地計画課 > 愛知県ため池保全構想の概要

愛知県ため池保全構想の概要

愛知県ため池保全構想について

愛知県ため池保全構想の概要に関するタイトルです。

1.概要

 本県では平成16年4月「食と緑が支える県民の豊かな暮らしづくり条例」を施行し、この条例の基本理念の実現に向け、「食と緑の基本計画」を策定しました。
 この計画における先導的取り組み4に「今後の整備、保全、利活用の方針等を定めた「愛知県ため池保全構想(仮称)」を新たに策定します。」としています。 本県では平成16年4月「食と緑が支える県民の豊かな暮らしづくり条例」を施行し、この条例の基本理念の実現に向け、「食と緑の基本計画」を策定しました。
 この計画における先導的取り組み4に「今後の整備、保全、利活用の方針等を定めた「愛知県ため池保全構想(仮称)」を新たに策定します。」としています。

 学識経験者やため池管理者などによる「愛知県ため池保全検討会」を開催し、ため池の各種機能を保全・整備・活用するための「愛知県ため池保全構想」を定めました。
 本構想では、各市町村が、行政及び地域の連携を図る「ため池保全連絡会議」を設置し、ため池の持つ多面的機能を維持・増進させる「ため池保全計画」を策定することにより今後のため池のあり方を示すものとしております。
 本構想は平成19年3月に策定され、平成19年4月18日公表されました。

 ■愛知県ため池保全構想 概要版 (PDFファイル3.1MB)

 ■愛知県ため池保全構想 (PDFファイル2.6MB)

2.「愛知県ため池保全検討会」の実施結果

     ■検討会開催結果

第1回検討会開催状況です。
第2回検討会の開催状況です。
第3回検討会の開催状況です。
第4回検討会の開催状況です。

3.パブリックコメントの実施結果

 本構想の策定にあたり、平成18年12月15日から平成19年1月15日にパブリックコメントの募集を行い県民の皆様から多くの御意見をいただきありがとうございました。

4.学童によるため池調査

 本構想の策定にあたり、県内7小学校の協力を得て「学童によるため池調査」を実施しました。

問合せ

上記業務内容についての問合せはこちらまで
農林水産部農林基盤担当局 農地計画課 排水対策グループ
TEL 052-954-6432(ダイヤルイン)
E-mail: nochi-keikaku@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)