ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 農林基盤局農地計画課 > 農地計画課 企画・調査グループのページ

農地計画課 企画・調査グループのページ

■ 調査事業について

農業農村整備を計画的に推進するために必要な各種の調査を実施します。
主なものとしては次のとおりです。
  1. 県営事業地区の計画調査
    県営土地改良事業の円滑かつ適切な実施を図るための調査設計の策定を行います。
  2. 団体営事業地区の計画調査
    団体営土地改良事業の円滑かつ適切な実施を図るための調査設計の策定を行います。
  3. 国等から受託する各種調査

■ 中山間ふるさと・水と土保全対策事業について

中山間地域では、過疎化、高齢化の進行により地域の活力が低下しつつあります。このため、中山間地域における土地改良施設等の適正な維持保全と農村の活性化を図るため、「中山間ふるさと・水と土保全基金」を平成5年度から平成9年度の間に総額6億6千万円を造成し、その運用益を活用し次の事業を実施しています。

  1. 調査研究事業(農村の活性化支援事業、土地改良施設保全整備支援事業)
  2. 研修事業
  3. 推進事業

 ■審議会等のプロフィール 愛知県中山間地域等振興対策会議のご案内へ■

■ふるさと水と土保全対策事業基金実績(平成26年度)

jpg

棚田(新城市四谷)

四谷地区小水力発電施設完成式

 愛知県では、再生可能エネルギーによる自立・分散型の供給システムの実現を図るため、農業用水を利用した小水力発電の導入を推進しております。

 棚田で有名な新城市四谷地区に県として初めてとなる小水力発電施設を設置し、平成25年6月1日に現地で完成式を行いました。

jpg

小水力発電施設「でんでんちゃん」

四谷地区小水力発電施設完成式

四谷地区小水力発電施設について

■ 農業農村多面的機能支払事業(旧農地・水保全管理支払事業)について

 農地・農業用水等の資源(農地や農業用用排水施設等)については、地域共同の活動により保全管理されてきましたが、過疎化・高齢化等の進行に伴う集落機能の低下により、その適切な保全管理が困難となっています。

 このため、農地・農業用水等の資源や農村環境等の保全活動並びに農地周りの農業用用排水施設等の長寿命化のための取組に対し支援しています。

1. 農地維持支払
  地域共同で行う農用地、水路、農道等の地域資源の基礎的な保全活動と、地域資源の適切な保全管理のための推進活動に対し、対象農用地面積に応じて支援

2. 資源向上支払(共同)
  水路、農道等の施設の軽微な補修、農村環境保全活動及び多面的機能の増進を図る活動に対し、対象農用地面積に応じて支援

3.資源向上支払(長寿命化)
  老朽化が進む農地周りの水路、農道等の施設の長寿命化のための補修・更新等の活動に対し、対象農用地面積に応じて支援

jpg

ため池の草刈り

jpg

小型重機を使った法面の補修

jpg

農業体験(田植え体験)

農業農村多面的機能支払事業(旧農地・水保全管理支払事業)の優良活動表彰 

 農業農村多面的機能支払事業の一層の普及を図り、県民の理解を促進するとともに、活動組織の意識向上を図るため、他の模範となる優れた活動に取り組む活動組織について表彰を行っています。

 平成27年度の表彰会は下記のとおり実施いたしました。

日時:平成27年12月5日(土曜日) 13時30分から15時30分

場所:安城市文化センター マツバホール

内容:第1部 優良活動表彰会

    第2部  講演会 『地域を繋ぐ役割~ラジオの裏側~』 川本えこ氏(ラジオパーソナリティ)

平成27年度優良活動表彰会の様子

平成27年度優良活動表彰会の様子

愛知県農地水多面的機能推進協議会

 地域の農地・農業用水等の資源と環境の良好な保全と質的向上を図るため、地域共同による農地・農業用水等の資源と農村環境の保全活動及び農業用用排水路等の施設の長寿命化のための活動の推進などを行っています。また推進協議会は、事業の円滑な実施を図るため県下の農林水産事務所(支所、出張所含む)単位で9つの地域協議会を設け、活動組織への推進・指導などを行っています。

■農業用石綿(アスベスト)対策に関すること

 今後、農業用石綿セメント管を計画的に塩ビ管等の管種へ更新するにあたり、各工事現場において関係法令への適合性を十分確保するとともに工事実施方法の統一を図ることを目的として「愛知県農業用石綿セメント管工事指針」を作成しました。

 石綿セメント管工事の概要

■ その他

1 愛知県農業農村整備環境配慮検討委員会について

平成28年度新規事業予定地区及び平成27年度計画変更地区の環境配慮方法について検討しました。

・平成27年度第 1回 平成27年10月15日(本庁舎第7会議室)
・平成27年度第 2回 平成27年11月25日(現場:刈谷市、大府市)

 

2 事前評価について

 事前評価とは、新規におこなわれる事業(国庫補助事業等)について、事業着手前の段階において効果等の検証を行い評価を行うもので、これまでに、下記添付ファイルの評価を行いました。

 一覧表の事業名をクリックすることで、各地区の評価書(PDF形式)を閲覧できます。

 なお、愛知県公共事業評価(再評価制度・事後評価制度・事前評価制度)についての詳細は建設部建設企画課のホームページをご覧ください。

平成27年度

建設部建設企画課公共事業評価のページの平成27年度事業評価結果の農業農村整備事業をご覧ください。

平成26年度

建設部建設企画課公共事業評価のページの平成26年度事業評価結果の農業農村整備事業をご覧ください。

平成25年度

建設部建設企画課公共事業評価のページの平成25年度事業評価結果の農業農村整備事業をご覧ください。

平成24年度

建設部建設企画課公共事業評価のページの平成24年度事業評価結果の農業農村整備事業をご覧ください。

平成23年度

建設部建設企画課公共事業評価のページの平成23年度事業評価結果の農業農村整備事業をご覧ください。

平成22年度

平成21年度

平成20年度

平成19年度

あいち食と緑の農業農村整備計画(平成27年度~平成31年度)

 農山漁村地域の総合的な整備を推進するため、農山漁村地域整備交付金及び地域自主戦略交付金を充てて行う事業の整備目標となる「あいち食と緑の農業農村整備計画」を策定しました。

 また、目標の妥当性、整備の効果・効率性、整備計画の実現可能性について、事前評価を実施しました。

あいち食と緑の農業農村整備計画

(内訳)あいち食と緑の農業農村整備計画

あいち食と緑の農業農村整備計画事前評価書

問合せ

愛知県 農林水産部 農林基盤局農地計画課 企画・調査グループ
TEL 052-954-6429(ダイヤルイン)
E-mail: nochi-keikaku@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)