ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 農業大学校 > 農業者生涯教育研修(経営管理研修)小型獣及びカラスによる農作物被害対策

農業者生涯教育研修(経営管理研修)小型獣及びカラスによる農作物被害対策

平成29年度 経営管理研修 「小型獣及びカラスによる農作物被害対策」

 愛知県の野生鳥獣による農作物被害金額は年間4~5億円で推移しており、約60%が果樹、野菜などの園芸作物に対する被害である。園芸作物においては、ハクビシンやアライグマなどの小型獣、カラス、ヒヨドリなどの鳥類による被害が特に顕著である。そこで、被害防除の一助とするため、小型獣及びカラスによる農作物被害対策に関する取組を紹介する。

募集内容

1 日 時

  平成29年10月11日(水曜日)、 午後1時30分から午後4時まで

  (午後0時45分受付開始)

2 開催場所

  愛知県立農業大学校 中央教育棟(3階) 大講義室

  住所 愛知県岡崎市美合町字並松1-2

  電話 0564-51-1034(研修部直通)

3 対象

  農林業者、捕獲従事者及び愛知県内農林業関係機関職員 等

4 定員

  100名

5 内 容 リーフレット [Wordファイル/119KB] 

(1)講義「小型獣及びカラス対策に関する共同研究の成果」

   講師 農業総合試験場環境基盤研究部病害虫研究室

       主任研究員 小出 哲哉 氏

(2)講義「豊川市の養鶏場におけるカラス大量捕獲の実証」

   講師 東三河農林水産事務所農業改良普及課

       技師 中根 基貴 氏

(3)講義「猟具の取扱について」

   講師 一般社団法人 愛知県猟友会

(4)講義「小型はこわなによる有害鳥獣捕獲について」

   講師 農業総合試験場企画普及部広域指導室

       専門員 辻井 修 氏

(5)総合質疑

   座長 農業総合試験場企画普及部広域指導室

       専門員 辻井 修 氏

 6 参加費

  無料

7 参集範囲

  農業者、猟友会員、愛知県農業経営士協会、愛知県青年農業士連絡協議会、愛知県経済農業協同組合連合会、農業協同組合、市町村、農林水産部(農業振興課、農業経営課)、環境部自然環境課、農林水産事務所(農政課、農業改良普及課)、農業総合試験場(環境基盤研究部、企画普及部)、農業大学校

8 申込み方法

(1) 上記7の参集範囲の協会・団体等に所属する方
 団体から本研修の募集案内がきますので、団体経由で愛知県農業総合試験場企画普及部広域指導室の辻井までお申込みください。

(2) 上記団体に所属しない農業者、猟友会員、捕獲従事者、一般県民の方 等
 ご住所を管轄する農林水産事務所農業改良普及課にお申込みいただくか、往復はがきに下記の事項をご記入のうえ、愛知県立農業大学校までお申込みください。

 *受講申込み者1名につき、往復はがき1枚でお申込みください。
 *複数名で申込みする場合は、代表者の郵便番号・住所・氏名と、その他の全員の氏名をご記入ください。

 往復はがきの記入の仕方(イラスト参照)

 *往信はがき(表面):下記9の申込先住所

      返信はがき(裏面):(なにも書かないでください)

往復ハガキ(表面)
    消えるインクは使用しないでください

  *返信はがき(表面):お申込み者の郵便番号、住所、氏名

      往信はがき(裏面):期日:10月11日、課題名:小型獣及びカラスによる農作物被害対策、氏名(ふりがな)、郵便番号、住所、電話番号(平日の昼間に連絡がつく番号)

 往復はがきの裏面のイラスト
  消えるインクは使用しないでください
  9 往復はがきでの申込み先

  郵便番号 444-0802 岡崎市美合町字並松1-2

  愛知県立農業大学校 研修部 研修担当

10 申込期限

  平成29年9月27日(水曜日)まで(必着)    

  電話、ファックスでは受付けしておりません。

11 共催

   平成29年度 鳥獣害に関する実用化技術研究会(愛知県農業総合試験場)

12 その他

 駐車スペースに限りがあり、舗装していないため雨天時はぬかるみます。極力、公共交通機関でお越し願います。

問合せ

愛知県立農業大学校 研修部研修科 研修グループ (担当 森山)
郵便番号444-0802
岡崎市美合町字並松1-2
電話: 0564-51-1034(研修部直通)
ファックス: 0564-51-4831
E-mail: noudai@pref.aichi.lg.jp