ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > しごと・産業 > 入札・契約・公売情報 > 入札について > 愛知県電力の調達に係る環境配慮方針について

愛知県電力の調達に係る環境配慮方針について

 

1 趣旨

 本県では、地球温暖化対策を率先して進めるため、県の事務・事業から排出される温室効果ガスの削減を目的とした「愛知県庁の環境保全における行動計画」(あいちエコスタンダード)を定め、全庁挙げて取組を進めています。

 県の事務・事業に起因する温室効果ガスの発生量の大半は電気の使用に伴う二酸化炭素(CO2)によるものです。現在、電力自由化に伴い、電力を大量に使用する県有施設においては、電力購入に当たって、複数の電気事業者を対象に競争入札を行っており、「愛知県電力の調達に係る環境配慮方針」を定め、平成20年度からは、競争入札を行う全施設において、「CO2排出係数(参考1)」、「未利用エネルギーの活用状況」、「再生可能エネルギーの導入状況」、「グリーン電力証書(参考2)の譲渡予定量」を評価する入札方式を導入しています。

2 制度の概要

(1) 入札方式

・制限付き競争入札(入札参加裾切り方式)

・電源構成及び二酸化炭素排出係数の情報を開示しており、かつ、「CO2排出係数」、「未利用エネルギーの活用状況」、「再生可能エネルギーの導入状況」、「グリーン電力証書の譲渡予定量」の項目において一定の基準を満たした事業者のみが入札に参加できる方式です。

(2) 環境評価項目及び評価点

環境評価項目及び評価点

項  目

内容

配点

CO2排出係数

単位発電量当たりのCO2排出量を表す数値を評価

70点

未利用エネルギーの活用状況

発電に利用した工場等の廃熱などのエネルギーの活用状況を評価

10点

再生可能エネルギーの導入状況

風力・太陽光・バイオマスなどの再生可能エネルギーの導入状況を評価

20点

グリーン電力証書の愛知県への譲渡予定量

グリーン電力証書(発電施設が愛知県内のものに限る。)の愛知県への譲渡予定量を評価

10点

(3) 入札参加資格

 電源構成及び二酸化炭素排出係数の情報を開示しており、かつ、環境評価項目による評価点の合計が70点以上あること。

3 評価基準の改正

平成29年度の方針は以下のとおりです。

4 愛知県環境に配慮した電力調達契約評価項目報告書(様式1)の提出期限

1 開札を平成29年7月31日までに行う入札に参加を希望する場合

  平成29年6月28日(水曜日)

2 1以外の場合

  原則開札日の3週間前の日(ただし、各施設管理者が別に定める場合はその日)

参考1 CO2排出係数とは

 単位発電量(kWh)当たりのCO2排出量(kg)を表す数値です。

参考2 グリーン電力証書とは

 太陽光・風力などの自然エネルギー発電は、通常より割高ですが、電力だけでなく、「CO2を出さない」、「化石燃料を使用しない」といった環境的価値を生み出していると考えられます。この「環境価値」を証書として取引できるようにしたのがグリーン電力証書で、企業等が証書を購入することで自然エネルギー発電を支援する仕組みです。

 本制度では、愛知県内産のグリーン電力証書の調達量を評価に加えることで、県内の自然エネルギー発電の普及促進を図ります。

問合せ

愛知県環境部大気環境課地球温暖化対策室
温暖化対策グループ
担当 横井、水野
内線 3032
ダイヤルイン 052-954-6242

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)