ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 大気環境課地球温暖化対策室 > 自動車エコ事業所認定制度

自動車エコ事業所認定制度

1 目

 あいち自動車環境戦略2020に掲げる施策に積極的に取り組む事業所を「自動車エコ事業所」として認定し、その事業所の実施する取組を通じて自動車環境の改善を図り、もって県民が安心して快適に生活できる自動車環境の実現を図ることを目的とする。

2 手続きの流れ

(1)申請

 事業者が、あいち自動車環境戦略会議の構成員へ申請書を提出。募集は毎年夏頃(約1ヶ月間)。

(2)審査

 あいち自動車環境戦略会議審査部会で認定基準適否を審査

(3)認定

 あいち自動車環境戦略会議総合調整会議に諮り議長が認定

(4)認定証、表示板の交付等

「あいち自動車環境戦略推進大会」で認定証及び表示板を交付

表彰

平成27年度「あいち自動車環境戦略推進大会」における認定証授与式の様子(写真右:名工建設株式会社 名古屋施工本部 名古屋施工本部長 岡田裕輝 様)

自動車エコ事業所表示板

自動車エコ事業所表示板

3 認定基準

 認定基準は自動車エコ事業所認定制度実施要綱に定めており、各取組に対するに戦略推進点を設定し、推進点が4点以上になる事業者を自動車エコ事業所として認定する。

○ エコカー導入

エコカー割合4割以上(1点)

エコカー台数10台以上かつエコカー割合6割以上(2点)

エコカー台数10台以上かつエコカー割合9割以上(3点)

○ 公共交通機関の利用促進等

主たる通勤方法が公共交通機関(送迎用バスを含む。)、自転車又は徒歩である従業員割合

・主要な公共交通機関の駅(停留所)から1km以内の事業所は概ね10割 (1点)

・主要な公共交通機関の駅(停留所)から2km以内の事業所は7割以上 (1点)

・主要な公共交通機関の駅(停留所)から2km超の事業所は5割以上 (1点)

○ エコドライブシステム導入

アイドリング・ストップ装置など、エコドライブを推進する装置付きの自動車の割合が5割以上 (1点)

○ グリーン配送制度導入

導入及び実施 (1点)

○ パーク・アンド・ライド用、EV・PHV対応型駐車場の提供

1~5台(1点)、6~10台(2点)、11台以上(3点)

○ サイクル・アンド・ライド用、レンタサイクル用駐輪場の提供

1~10台(1点)、11~20台(2点)、21台以上(3点)

 

○ 一般開放されたEV・PHV用充電設備の設置

1基(1点)、2基(2点)、3基以上(3点)

○ 従業員向けEV・PHV用充電設備の設置

1~9基(1点)、10~29基(2点)、30基以上(3点)

○ EV・PHVタクシー、EV・PHVカーシェアリングの導入

1台(1点)、2台(2点)、3台以上(3点)

○ CNG(天然ガス)自動車やFCV(燃料電池自動車)等用の充填設備の設置

1基(1点)、2基(2点)、3基以上(3点)

○ 再生可能エネルギーの活用

太陽光発電設備の導入 (1点)

EMS(エネルギーマネジメントシステム)の導入 (1点)

ソーラーカーポートなど、再生可能エネルギーの活用に資する取組 (1点)

○ 非常用電源設備としての蓄電池(再生品を含む。)の設置

1基(1点)、2基(2点)、3基以上(3点)

○ 非常用電源設備としての充給電設備の設置

1基(1点)、2基(2点)、3基以上(3点)

○ 燃料電池自動車や燃料電池バス、燃料電池フォークリフトの導入

導入 (1~3点)

○ 上記以外の取組(物流事業所の共同輸配送への取組など)

自動車環境の改善に大きく貢献している状況について、個別審査し評価する。 (1~3点)

4 認定事業所一覧

 これまで認定を受けた事業所は、別表のとおりです。

認定事業所一覧

 

       認定事業所の一覧です。

5 自動車エコ事業所認定制度実施要綱及び事務取扱要領

自動車エコ事業所認定制度実施要綱

自動車エコ事業所認定制度に係る事務取扱要領

問合せ

愛知県 環境部 大気環境課地球温暖化対策室
自動車環境グループ
電話:052-954-6217(ダイヤルイン)
E-mail: ondanka@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)