ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 大気環境課地球温暖化対策室 > 愛知県内のEV・PHVの充電インフラ整備目標を見直しました

愛知県内のEV・PHVの充電インフラ整備目標を見直しました

愛知県内のEV・PHVの充電インフラ整備目標を見直しました

○ 愛知県では、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド自動車(PHV)の普及に向けて、その充電インフラの適正配置等を図るため、平成25年7月に「愛知県次世代自動車充電インフラ整備・配置計画」を策定しました。その中で、平成32年度末までに1,600基(1,431箇所)の整備を目標に掲げ、設置を促進してきました。

○ 平成28年度末における充電インフラは、目標基数を上回る1,723基(1,199箇所)が設置される見込みです。

○ 引き続き、未整備箇所を中心に設置を促進する必要があることから、このたび、計画の目標値を平成32年度末までに2,000基(1,451箇所)に見直しました。

○ 新たな目標の達成に向け、計画に位置づけた充電インフラの設置を促進し、EV・PHVの一層の普及を目指していきます。

1 計画の目的

次世代自動車として期待されるEV・PHVの普及に向けて、民間事業者等による充電インフラの設置を促進する。

2 現状と将来目標

 

整備見込み

(平成28

年度末)

将来目標(平成32年度末)

平成25年

7月策定

見直し後

備 考

箇所数

1,199

1,431

1,451

・レジャー施設・大規模商業施設等の新設等に伴う見直し

  基数

1,723

1,600

2,000

 

経路充電※1

  819

  890

  954

・未整備箇所での設置を促進

目的地充電※2

  904

  710

1,046

・未整備箇所での設置を促進

・レジャー施設・大規模商業施設等の新設等に伴う見直し

※1 電欠状態(電池切れ)にならないようにするため、未整備地域をなくすとともに、道の駅、インターチェンジ付近、コンビニ等に計画的に設置する充電インフラ
※2 観光施設、宿泊施設、大規模商業施設、公共施設等といった長時間滞在する場所に設置する充電インフラ

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)