ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 尾張農林水産事務所 > 尾張農林水産事務所農業改良普及課

尾張農林水産事務所農業改良普及課

農業改良普及課(尾張農業普及指導センター)へようこそ

農業改良普及課の紹介

 国の法律によって設置している機関です。農業改良助長法(昭和23年法律第165号)により、各都道府県では、普及指導センターを設置できることとなっており、尾張農林水産事務所では農業改良普及課がこの普及指導センターの業務を行っています。

農業改良普及課の仕事

 専門の資格をもった普及指導員が業務を行っています。
 巡回指導、相談、新品種や栽培方法の実証展示、講習会の開催などにより、直接、農業者に接して、農業生産方式の合理化や農業経営の改善、農村生活の改善に関する科学的技術、知識の普及指導にあたります。
 関係機関、団体等との連携による農業の担い手育成、地域農業の振興、環境と安全に配慮した農業の推進を行います。
 新規就農を希望する方へ、相談の窓口となり情報提供をします。

 各グループの業務内容です。

管内区域

 管内の市町は、名古屋市、一宮市、瀬戸市、春日井市、犬山市、江南市、小牧市、稲沢市、尾張旭市、岩倉市、豊明市、日進市、清須市、北名古屋市、長久手市、東郷町、豊山町、大口町、扶桑町の15市4町です。農業協同組合(以下農協)は、なごや農協、天白信用農協、緑信用農協、あいち尾東農協、尾張中央農協、西春日井農協、愛知北農協、愛知西農協の8農協です。
 そのうち、稲沢駐在室の管内の市町は、一宮市、犬山市、江南市、稲沢市、岩倉市、大口町、扶桑町の5市2町です。農協は、愛知北農協、愛知西農協の2農協です。

普及活動の概要

普及活動のねらい

 愛知県が作成した「協同農業普及事業の実施に関する方針」に基づき、1意欲ある担い手の確保・育成、2産地の収益力向上に向けた取組の支援、3環境と安全に配慮した農業の推進、4活力ある地域づくりに向けた取組の支援、の4つを基本として、生産者と消費者が隣接するメリットを活かした新しい都市農業の構築を目指します。

 また、普及指導活動は重点課題を設定して実施します。

1 意欲ある担い手の確保・育成
・就農希望者への就農相談対応
  就農希望者への就農相談対応
・女性農業者を対象としたセミナーの開催
  女性農業者を対象としたセミナーの開催
・農産加工起業活動の促進
  ヨーグルト
2 産地の収益力向上に向けた取組の支援
・水稲V溝直播栽培の導入推進
  gu
・施設ナスにおける収量向上対策の推進
  ナス収量向上対策の検討 
・キクの生産・販売強化の推進
  キク
・ぎんなんの整枝せん定等、高品質安定生産出荷に向けた取組推進
  ぎんなん
3 環境と安全に配慮した農業の推進
・チェックシートを用いた農業生産工程管理手法(GAP手法)の導入・定着推進
  GAP手法の導入及び高度化推進
・光反射マルチなどによる総合的病害虫・雑草管理(IPM)技術体系の確立・普及
  光マルチ
4 活力ある地域づくりに向けた取組の支援
・モモ栽培サポータークラブの活動支援
  モモ
・耕畜連携による資源循環の取組支援
  耕畜連携による資源循環の取組支援 
・農業体験農園の開設・運営支援
  農業体験農園の開設・運営支援

農業普及だより

 農業改良普及課の活動や、地域の話題を紹介しています。(年3回発行)

農業普及だより第26号

主要農畜産物の概要

農業改良普及課への問い合わせ先

 御意見、御要望をお寄せください。
    尾張農林水産事務所農業改良普及課
             郵便番号  460-0001
     愛知県名古屋市中区三の丸二丁目6番1号
     愛知県三の丸庁舎3階
     電話 担い手育成グループ        052-961-8094、1426
     電話 技術指導グループ         052-961-8750
     電話 野菜・花き指導グループ  052-961-8093
     ファックス                               052-961-1540

    同 稲沢駐在室
             郵便番号  492-8216
                愛知県稲沢市大塚町塚畑2200-11
                電話                                           0587-21-2511
                ファックス                                 0587-21-7853

問合せ

愛知県 尾張農林水産事務所

E-mail: owari-nourin@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)