ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

企業の森づくり

「企業の森づくり」活動を後押しします!~県有林で社会貢献活動を行いませんか?~

企業が社会貢献活動として行う森林整備を県有林で受け入れる「企業の森づくり」を行っています。

1 「企業の森づくり」事業とは?

 愛知県と企業が協定を締結することにより、企業が県有林で社会貢献活動を目的とした森林整備活動や森林保全活動を行うことを可能とし、社員などによる直接的な森林の整備だけでなく、活動に携わる人々の情報交換や人的交流を通して、県と県民・企業が協働して行う森づくりを目指す事業です。

2 対象となる県有林

 尾張地域(春日井市、小牧市、瀬戸市、尾張旭市、名古屋市、旧藤岡市、旧小原村)、加茂地域(旧下山村)、鳳来地域(旧鳳来町)にある公益的機能の発揮を主な目的としている県有林。

3 事業の仕組み

・企業は県に対し、活動の実施を協議。
・県は事業が実施主体者として適正か審査。
・県は企業の意向を聞き、活動区域を選定。
・企業は県と調整し実施計画を作成。
・活動の内容は間伐・枝打ちなどの森林整備活動やゴミ拾いなどの森林保全活動。
・県と企業が協定を締結。
・協定の期間は、最長3年(必要に応じて更新可)
・活動の面積は、概ね5ha以内
・企業は、協定に基づき、実施計画に沿って活動を実施。

4 企業のメリット

・社会に貢献する企業として、自らの活動を広報することが可能です。(ただし、県有林に企業名を冠して呼称する、命名権は認めていません。)
・県は、その取組をホームページ等の媒体を活用して紹介します。
・県民やNPO団体などとのコミュニケーションを通じ、企業活動への理解を深めることができます。
・県有林を社員や家族などの自然体験やボランティア意識の醸成の場として利用できます。

※現在参加企業

5 活動内容の一例

・スギ・ヒノキ人工林は、間伐・枝打などの保育作業
・雑木林は、ツツジなどの花の咲く木を残し、雑草や下層の常緑樹の刈払い
・枯れ木、倒れそうな木、成長の悪い木の取り除き
・歩道、車道沿いのゴミ拾いや草刈り
・間伐材を利用したテーブル、ベンチを作成し、歩道沿いに設置
・社員や県民を対象にした、森林環境に関する学習会の開催

6 活動経費等

・必要な道具類は用意していただきます。
・傷害保険に加入していただきます。
・森づくりにかかる経費は、企業の負担となります。
・県は活動の実施にあたって、必要な助言・支援を行います。

7 制限事項

・林内での火気使用は厳禁です。
・整備する森林の範囲外には立ち入ることはできません。
・県有林内に看板などの企業の広告施設は設置できません。
・原則として、伐採した木、植栽した木の所有権は県に所属します。

お問合せ

愛知県 農林水産部 農林基盤局
林務課 県有林グループ 電話 052-954-6446
E-mail:rinmu@pref.aichi.lg.jp
県有林事務所 管理業務課 電話 0561-53-2652
          足助業務課 電話 0565-62-0172
          鳳来業務課 電話 0536-32-1132