ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 労政局労働福祉課 > 労使のための労働法ガイドブック

労使のための労働法ガイドブック

 安定した労使関係は、経済社会の発展の基礎となるものであり、労使間でのトラブルを未然に防ぐことは、労使双方にとって大変重要です。不幸にして、労使の間でトラブルが起きると、企業側も働く側も大きなダメージを受けることとなってしまいます。

 こうしたトラブルを未然に防ぐためには、労使双方が労働に関する法令や制度の知識を十分に身につけ、良好な関係を築いておく必要があります。

 そこで、本冊子では労働に関する法令や制度についてわかりやすくテーマ別にまとめるとともに、育児・介護休業法や雇用機会均等法など直近に改正・施行された法令の内容についても触れています。

 本冊子を皆様に広く活用していただき、より良い職場環境づくりに役立てていただければ幸いです。

 なお、現在国では、働き方改革を推進するための関係法律等の改正が検討されています。今後、様々な労働法の改正が予想されますが、本冊子は平成29年10月1日時点での法律を反映させたものとなっています。皆様には引き続き、法改正の動向に注視をお願いします。

  平成29年11月

   愛知県産業労働部労政局 

内容

第1章 基礎知識
 労働法とは
 労使関係とは

第2章 働く前・雇う前に
 労働契約について

第3章 働く・雇う上でのルール
 就業規則の作成・届出と周知について
 賃金について
 賞与・退職金について
 労働時間・休憩・休日の原則
 変形労働時間制について
 みなし労働時間制について 
 時間外・休日・深夜労働について
 年次有給休暇について
 年少者の保護について
 青少年の雇用の促進等について 
 女性労働者の雇用について
 育児休業・介護休業について
 パートタイム労働者や臨時・日雇労働者の雇用について
 労働者派遣について
 外国人の雇用について
 出向と配置転換について
 解雇と退職について

第4章 安全と健康・安心を守る
 労働者の安全と健康を守るために
 労使紛争を解決するために
 労働保険(雇用保険・労災保険)について
 社会保険(健康保険・厚生年金保険)について

第5章 集団的労使関係
 労働組合を結成するには
 労働組合法上の労働者性の判断基準
 団体交渉について
 労働協約について
 争議行為について
 不当労働行為について

各種相談窓口

コラム1~「勤務時間インターバル」ってご存じですか?~

コラム2~いわゆる、「ブラック企業」ってご存じですか?~

コラム3~あなたの職場での「パワーハラスメント」は大丈夫ですか?~

コラム4~「マタニティ・ハラスメント」、「パタニティ・ハラスメント」ってご存じですか?~

コラム5~「正規労働者」と「非正規労働者」の労働条件の違いは?~

労使のための労働法ガイドブック

ご利用にあたっての注意(訂正)

本冊子につきまして、別添「正誤表」のとおり誤記等がありました。
「正誤表」のとおり読み替えて、ご利用ください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)