ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

過去の災害情報

過去に愛知県内で被害が発生した主な自然災害、特殊災害です。

(相当程度の被害があったもののみ掲載しています)

1 地震

地震による被害
年月日名称
(地震の規模)
被害の状況
明治24年10月28日濃尾地震
(M8.0)
・死者            2,638名
・家屋全壊      85,511棟
・家屋半壊     55,655棟
昭和19年12月7日東南海地震
(M7.9)
・死者・行方不明   438名
・家屋全壊     16,532棟
・家屋半壊     35,298棟
昭和20年1月13日三河地震
(M6.8)
・死者          2,306名
・家屋全壊     16,408棟
・家屋半壊     31,679棟
  • 被害の状況は愛知県分のみ。
  • 地震の規模は理科年表による。

 

2 風水害

風水害による被害
年月日 種別(名称)被害の状況
昭和28年9月25日暴風雨・高潮(台風13号)

最大風速 22.6m/s
総雨量 178.1ミリ
・死者           72名
・行方不明       3名
・負傷者      1,711名
・家屋全壊  1,477戸
・床上浸水  31,801戸
昭和34年9月26日暴風雨・高潮
(伊勢湾台風)

最大風速 37.0m/s
総雨量 165.7ミリ
・死者        3,168名
・行方不明     92名
・負傷者    59,045名
・家屋全壊 23,334棟
・床上浸水 53,560棟
・被害額  3,224億円
昭和47年7月12から13日集中豪雨
(47.7豪雨)(台風6号)

総雨量 289ミリ  
(458ミリ(藤岡町))
・死者           64名
・行方不明       4名
・負傷者     112名
・家屋全壊     271棟
・床上浸水  2,075棟
・被害額    302億円
昭和51年9月8から13日集中豪雨
(51.9豪雨)(台風17号)

総雨量 422ミリ  
(682ミリ(一宮市))
・死者            1名
・負傷者       37名
・家屋全壊      14棟
・床上浸水 13,488棟
・被害額    378億円
平成3年9月18から19日台風18号

総雨量 242ミリ  
(316ミリ(南知多))

・名古屋市北区、緑区、天白区、春日井市に災害救助法適用
・死者          2名
・負傷者        1名
・家屋全壊       2棟
・床上浸水    3,713棟
・被害額      60億円
平成10年9月21日から23日台風7・8号

最大風速42.6m/s
総雨量67.5ミリ
(78.5ミリ(伊良湖))
・死者      3名
・負傷者  151名
・家屋全壊   8棟
・床上浸水   8棟
・被害額  33億円
平成12年9月11日から12日東海豪雨
(12.9豪雨)

総雨量 567ミリ
(589ミリ(東海市))

・名古屋市を始め21市町に災害救助法適用
・死者         7名
・負傷者     107名
・家屋全壊            18棟
・床上浸水    22,078棟
・被害額  2,800億円
  • 被害の状況は愛知県分のみ。
  • 風速・総雨量は、特記がないものは名古屋市での記録。

 

3 特殊災害

特殊災害による被害
発生日時名称事故の概要
昭和48年5月3日
23時50分頃
日聖丸沈没流油事故 伊良湖灯台付近で、小型タンカー「日聖丸」が西ドイツ貨物線と衝突 し、沈没した。その際、C重油が流 出し、三河湾に拡散・漂着させた。
昭和55年10月1日
12時00分頃
大府市薬品倉庫火災 丸全昭和運輸(株)東海倉庫営業所で 火災が発生し、毒劇物が貯蔵されていたため、鎮火までに19時間を要した。
・負傷者    3名(消防職団員)
・出動車両  57台(7消防本部)
・出動人員 392人(消防職団員)
平成6年4月26日
20時16分頃
中華航空機事故 名古屋空港の南側で中華航空機が着陸に失敗、墜落炎上した。
・死者    264名
・負傷者    7名
・出動車両 117台(14消防機関)
・活動人員 546人(消防職団員)
       1600人(自衛隊員)
平成12年8月1日
22時9分頃
日本油脂株式会社武豊工場爆発事故 工場内の第12火薬類一時置場の無煙火薬約7.7トンが爆発。工場内の施設や周辺の民家にも被害が発生し、けが人が多数出た。
・負傷者   79名
・家屋全壊 12棟
・家屋半壊 34棟
・出動車両 45台(3消防機関)
・出動人員 275人(消防職団員)
平成15年8月29日
15時35分頃
エクソンモービル名古屋油槽所特定屋外タンク貯蔵所火災事故 タンク改修工事を行うため、タンク内部のガソリンを抜き取り後、清掃作業中に出火した。
・死者     6名
・負傷者    1名
・出動車両 60台(公設消防、自衛防災組織、共同防災組織) 
・出動人員262人(消防職団員、自衛防災組織、共同防災組織)
平成15年9月3日
19時40分頃
新日本製鐵株式会社名古屋製鐵所COGホルダー爆発火災事故 COGホルダー(4万立方メートル)が爆発、燃焼し、隣接するBFGガスホルダー(10万立方メートル)が誘発燃焼し、他のCOGホルダー(10万立方メートル)が一部変形した。
・負傷者   26名(事業所15名 周辺住民11名)
・出動車両  36名(公設消防、自衛防災組織)
・出動人員 114人(消防職員、自衛防災組織)

問合せ

愛知県 防災局 災害対策課

E-mail: saigaitaisaku@pref.aichi.lg.jp