ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > しごと・産業 > 商工業・中小企業 > 中小企業支援 > 「あいち自動車産業イノベーションプラン」の短期目標を改訂しました

「あいち自動車産業イノベーションプラン」の短期目標を改訂しました

「あいち自動車産業イノベーションプラン」の短期目標を改訂しました。

 グローバルなコスト競争の激化、生産拠点の海外移転の動き、地球環境問題の高まりやICT技術の進歩を背景とする次世代自動車の普及など、自動車産業を取り巻く環境は大きく変化しています。県では、これらの状況を踏まえ、本県の自動車産業のイノベーションを支援するため、平成24年3月に「あいち自動車産業イノベーションプラン」を策定しました。

 策定から4年目となる平成27年度は、これまでの施策の進捗状況を検証し、平成32年度に向けたプランの短期目標の改訂を行いました。

1 プランの目標

 自動車技術を進化させることにより、次世代分野に対応する強固な企業群の形成と、安心・安全で快適な新しい自動車社会の実現を目指す。

2 計画期間

2012年度(平成24年度)から2020年度(平成32年度)まで

3 短期目標(平成28年度~平成32年度まで)

「あいち自動車産業イノベーションプラン」短期目標
項目目標値
自動車分野における中堅・中小企業への技術指導・相談延べ83,000件

「知の拠点」重点研究プロジェクトで開発する

次世代自動車等の分野に関する製品・試作品

10件
次世代自動車に対応する人材育成講座の受講者延べ4,800人
モノづくり応援ファンド等による支援30件
産産連携グループの活動支援4グループ
次世代自動車分野の企業誘致20社
一般開放型充電器の設置県内に1,600設置
水素ステーションの設置県内に40設置
公用車へのPHV・EV導入54市町村に導入
研究開発・実証実験の支援 (自動走行・自動車安全技術の実証実験を除く)※ 70件
展示会の出展支援 ※25件
自動走行・自動車安全技術の実証実験件数 ※20件

 ( ※=新たに設定 )

4 プランの特徴

(1)   自動車産業を対象とする本県初の包括的なビジョン。現行のガソリン車、次世代自動車を含め、自動車産業全体のイノベーションの加速を狙う。

(2)   部品関連の中堅・中小企業を対象とした技術力・販売力の強化と、次世代自動車に期待される新しいクルマの機能(エネルギーや情報端末)を活用した安心・安全で快適な社会づくりを目指す。

(3)   部品関連の中堅・中小企業が、自らの強みを活かして新分野・新市場への進出に取り組んだ多くの先行事例をわかりやすく紹介。

(4)   自動車の役割の重要性を強調する愛知発の「クルマ文化」の発信も視野に入れる。

5 プランの概要版、本文

プラン本文(平成24年3月策定

6 パブリック・コメントの結果(平成24年3月策定時)

 県民意見提出制度(パブリック・コメント制度)に基づき、県民の皆様からのご意見を募集した結果を公表しています。

 パブリック・コメントの結果

7 企業アンケートの結果(平成27年4月~6月)

  プランの平成32年度に向けた短期目標の改訂に向け、企業アンケートを実施しました。

  アンケート結果 [PDFファイル/214KB]

8 その他

 このプランは、産学行政の有識者からなる策定委員会(平成23年度)・フォローアップ会議(平成27年度)[いずれも座長:山田基成名古屋大学大学院准教授]での検討をもとに、県が策定したものです。

問合せ

愛知県 産業労働部 産業振興課 自動車産業グループ
ダイヤルイン:052-954-6376
E-mail: sangyoshinko@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)