ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

造林事業・間伐対策

造林事業

 森林は、林産物の供給、国土の保全、水源の涵(かん)養、保健休養の場の提供等の多面的機能を有しており、このような機能は、森林を適切に管理することによって高度に発揮されます。
 このため、森林所有者等が植栽、下刈り、除伐、間伐等の森林整備を行うことに対し、造林事業により補助しています。

平成29年度愛知県造林標準単価表

 

平成29年度造林事業等検査要領

 造林事業における検査は、この要領に基づき行います。

間伐対策

 健全な森林を育てるために特に重要な作業が間伐(間引き・本数調整)です。
 愛知県では、平成28年3月に策定しました「食と緑の基本計画2020」で、年間間伐面積4,000ヘクタールを目標に市町村、関係者等と一体となって間伐の推進に努めています。

問合せ

愛知県 農林水産部 農林基盤局 森林保全課 森と緑づくり推進室
E-mail: mori-midori@pref.aichi.lg.jp
電話: 052-954-6449

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)