ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 東三河総局新城設楽振興事務所 > 【奥三河探訪】第18回奥三河アートフェスティバル

【奥三河探訪】第18回奥三河アートフェスティバル

 平成30年5月3日(木曜日)4日(金曜日)に設楽町東納庫の名倉小学校及び農村勤労体育センターをメイン会場として第18回奥三河アートフェスティバルが開催されました。
 このフェスティバルは、毎年ゴールデンウィーク期間中の5月3日から5月4日に標高600mの名倉高原を舞台に開催され、様々なアート作品が展示紹介されます。
 こちらは第1会場の名倉小学校。木の香りがする素敵な校舎です。
名倉小学校
マサノ沢遺跡から東海地方で初めて出土した「ハート形土偶」のレプリカも展示されていました。
ハート形土偶
こちらは第2会場の農村勤労体育センター。
農村勤労体育センター
タイルクラフト作り体験中。
タイルクラフト
会場から車で5分ほどのキラリンとーぷではこいのぼりが気持ちよさそうに泳いでいました。
こいのぼり
>
***********
 奥三河アートフェスティバルに関する情報は「奥三河アートフェスタ実行委員会」
 これからの奥三河のイベントは「奥三河観光協議会」
 奥三河探訪の過去記事は「奥三河探訪」