ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

【奥三河探訪】山頂の風景

 新城設楽振興事務所では、「奥三河探訪」と題して、愛知県奥三河地域の伝統行事やイベント、四季の移ろいなどを紹介しています。

 今回は、茶臼山高原道路から近く、360度の大パノラマが楽しめる二つの山を紹介します。

 一つ目の山は井山(いやま)です。

 

井山は設楽町と豊田市稲武町の境に位置する標高1,195mの山です。

井山看板

井山へは県道507号茶臼山高原道路の面ノ木ICのそばにある面ノ木園地の駐車場から歩いて行くことができます。

登り口に設置された看板に注意書きがありますが、入山に際しては、いなぶ観光協会(0565-83-3200)へご連絡下さい。

 

井山から3

登り口から徒歩25分程度で井山山頂です。周囲には木がなく、360度の絶景が楽しめます。

 

井山から4

井山から2

井山から1

山頂付近には風力発電施設もあります。

  

 続いて萩太郎山(はぎたろうやま)です。

 萩太郎山は、愛知県最高峰の茶臼山のすぐ南に位置する、愛知県で2番目の標高を誇る山です。茶臼山高原の駐車場からリフトで山頂まで上がることが出来ます。また、山頂までの遊歩道も整備されており、やや斜面が急なところもありますが、徒歩でも行くことができます。

展望台から1

 春の芝桜まつりでピンク色に染まる芝桜の丘は、この萩太郎山の斜面です。

 

展望台

 

 山頂には新しい展望台があり、遠く南アルプスを始め、周囲の山々を見ることができます。

南アルプスを望む

展望台から2

 

 

恋人の聖地

山頂には恋人の聖地の石碑もあります。

**********
設楽町の観光情報は「設楽町観光協会」
豊根村の観光情報は「豊根村観光協会」
これからの奥三河のイベントは「奥三河観光協議会」
奥三河探訪の過去記事は「奥三河探訪」