ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 東三河総局新城設楽振興事務所 > 【奥三河探訪】作手の湿原とサギソウを紹介します

【奥三河探訪】作手の湿原とサギソウを紹介します

 新城設楽振興事務所では、「奥三河探訪」と題して、愛知県奥三河地域の伝統行事やイベント、四季の移ろいなどを紹介しています。

 今回は、新城市作手地区の2つの湿地とそこに咲くサギソウの様子をご紹介します。

 一つ目の湿地は黒瀬庄ノ沢緑地です。

庄ノ沢入り口

 黒瀬庄ノ沢緑地は、標高520mの場所にあり、長期間耕作されなかった水田が元の湿原状態になったもので、面積は0.8ha、ため池ゾーンと湿地ゾーンの2つに分かれています。

ため池ゾーン

庄ノ沢緑地

 緑地内は歩道が整備がされており、散策しやすくなっています。

遊歩道

 取材した日は、咲き始めたサギソウの花を見ることが出来ました。

庄ノ沢サギソウ

 

  

 続いて清岳向山(きよおかむかいやま)湿原です。

 清岳向山湿原は水田化により消滅した大野原湿原(約50ha)の一部が残ったもので、1~2mの泥炭が堆積したものです。

清岳向山湿原入り口

 こちらも木道が整備されており、歩きやすくなっています。

木道

全景

 黒瀬庄ノ沢緑地と同じ日に取材しましたが、こちらのほうがすでに多くのサギソウが咲いていました。

サギソウ2

サギソウ3

 サギソウは新城市作手地区の長ノ山湿原でも見ることが出来ます(参考:奥三河探訪「長ノ山湿原のサギソウをお届けします」)。

 

 【取材日:平成29年8月4日】

**********
新城市の観光情報は「新城市観光協会」
これからの奥三河のイベントは「奥三河観光協議会」
奥三河探訪の過去記事は「奥三河探訪」