ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 自然環境課 > 特定外来生物「ヒアリ」について

特定外来生物「ヒアリ」について

 平成29年5月26日に兵庫県尼崎市において発見されたアリが、6月9日に環境省により特定外来生物のヒアリと確認され、国内初の確認となりました。
 その後、兵庫県、大阪府、東京都、神奈川県、福岡県、大分県、岡山県、埼玉県、広島県及び静岡県の11都府県で確認されています。

 愛知県内では、6月30日に名古屋港の鍋田ふ頭コンテナターミナル(弥富市)敷地内でヒアリが確認されました(国内3例目)。
 また、7月10日及び12日に内陸部の春日井市内の倉庫、名古屋港の飛島ふ頭コンテナターミナル(飛島村)、8月4日、10月3日及び11月7日に鍋田ふ頭コンテナターミナル、9月1日に船見ふ頭(名古屋市)においてヒアリが確認されました。
確認状況

ヒアリの特徴

和名:ヒアリ  英名:Red imported Fire ant  学名:Solenopsis invicta
分類:ハチ目アリ科
分布:北米や中国、フィリピン、台湾等に侵入定着

アリの仲間は国内で300種あまりが記録されており、ヒアリと同じように赤~赤茶色の小型のアリも多く存在します。
ヒアリの特徴は次の図のとおりであり、アリ塚が周囲にないかをまず確認して下さい。
ヒアリの特徴
アリ塚

ヒアリかどうかの確認方法

次のいずれかに該当するアリは、ヒアリではありません。
・黒いアリ
・2.5mm以下の小さいアリ
・赤っぽいアリでも大きさに連続的変異のない(アリの集団内での固体の大きさが均一で揃っている)もの

参考として、以下の環境省ホームページをご確認ください。

ヒアリと思われるアリを見つけたら

 県民の皆様が生活する地域にヒアリが生息している可能性は低いと思われますが、万が一ヒアリと思われるアリを見つけた場合、強い毒を持つため触らないようにしてください。
 個体は、市販のアリ用殺虫剤で駆除は可能ですが、刺激せず、発見日時、発見者、発見場所及び発見時の状況について、できる限り写真の画像を添付のうえ下記問合せ先に連絡してください。
 なお、アリに対して何でも怖がることで、在来種のアリを殺してしまわないようご注意ください。在来種のアリがいなくなることで、外来種のアリが定着しやすくなるおそれがあります。

 〈問合せ先〉
  愛知県環境部自然環境課野生生物・鳥獣グループ
   電話番号 052-954-6230(ダイヤルイン) 平日:8時45分から17時30分
           052-961-2111(代表) 土曜日・日曜日及び祝日
   FAX     052-963-3526
   E-mail   shizen@pref.aichi.lg.jp

ヒアリに刺されたら

 刺された直後20~30分程度は安静にして、体調に変化がないか注意してください。
 体質によってはアナフィラキシーショックを引き起こす可能性があります。容体が急変したときは救急車を要請するなど、すぐに医療機関を受診してください。

参考

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)