ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 自然環境課 > 特定外来生物「ヒアリ」について

特定外来生物「ヒアリ」について

県内での特定外来生物「ヒアリ」の発見

 平成29年5月26日に尼崎市において強い毒性を持つ南米原産の特定外来生物「ヒアリ」が国内で初めて確認されました。その後、6月16日に神戸市ポートアイランドのコンテナヤードで「ヒアリ」の個体が確認されました。
 本県では平成29年6月30日に名古屋港鍋田ふ頭コンテナターミナル(弥富市)敷地内で、「ヒアリ」の生息が確認されました。(国内3例目)
 また、平成29年7月10日に春日井市内で「ヒアリ」が確認されました。

ヒアリの特徴

ヒアリ画像
(画像:環境省)
・体長は2.5mm~6mm程度
・全体は赤茶色で腹部が黒っぽい赤色
・原産地は南米。米国、中国、台湾など環太平洋諸国に分布が急速に拡大
・亜熱帯~暖温帯に生息し、草地などの比較的開けた環境を好む。土で直径25~60cm、高さ15~50cmのドーム状のアリ塚を作る。雑食性で、節足動物、小型脊椎動物、樹液、花蜜などを餌とする。

ヒアリを見つけたら

 県民の皆様が生活する地域にヒアリが生息している可能性は低いと思われますが、万が一ヒアリと思われるアリを見つけた場合、強い毒を持つため触らないようにしてください。
 個体は、市販のアリ用殺虫剤で駆除は可能ですが、刺激せず、発見日時、発見者、発見場所及び発見時の状況について、できる限り写真の画像を添付のうえ下記問合せ先に連絡してください。

 〈問合せ先〉
  愛知県環境部自然環境課野生生物・鳥獣グループ
   電話番号 052-954-6230(ダイヤルイン)
   FAX     052-963-3526
   E-mail   shizen@pref.aichi.lg.jp

ヒアリに刺されたら

 刺された直後20~30分程度は安静にして、体長に変化がないか注意してください。
 体質によってはアナフィラキシーショックを引き起こす可能性があります。容体が急変したときは救急車を要請するなど、すぐに医療機関を受診してください。

参考

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)