ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 消防保安課 > 地震による電気火災を防ぐため、感震ブレーカーをつけましょう

地震による電気火災を防ぐため、感震ブレーカーをつけましょう

地震に驚く消太

感震ブレーカーとは何ですか

 感震ブレーカーとは、地震発生時に設定値以上の揺れを感知したときに、ブレーカーやコンセントなどの電気を自動的に止める器具です。感震ブレーカーの設置は、不在時やブレーカーを切って避難する余裕がない場合に電気火災を防止する有効な手段です。
 特に、一旦火災が発生すると燃え広がりやすい木造住宅密集地域にお住まいの方は、是非、設置しましょう。

地震発生時の電気火災にはどのようなものがありますか?

地震の揺れに伴う電気機器からの出火や、停電が復旧したときに発生する火災などがあります。
【事例1】地震で本棚が倒れ、雑誌が電気ストーブ周辺に散乱した状態で停電。
 →停電が復旧したところストーブが作動し、紙類に着火し、火災となる。
【事例2】地震で家具が転倒し、「電気コード」が下敷きや引張で損傷した状態で停電。
 →停電が復旧したところ、コードがショートし、散乱した室内で、近くの燃えやすいものに着火し、火災となる。

過去の地震でも電気火災は発生していますか。

東日本大震災(平成23年)では、本震による火災で原因が特定されたもの108件のうち、約54%(58/108件)が電気火災と言われています。

感震ブレーカーにはどのようなタイプがありますか。

感震ブレーカーには、いくつかのタイプがありますので製品ごとの特徴や注意点を踏まえ、適切に選びましょう。
●分電盤タイプ(内蔵型):分電盤に内蔵されたセンサーが揺れを感知し、ブレーカーを落として電気を遮断します。電気工事が必要です。
●分電盤タイプ(後付型):分電盤に感震機能を外付けするタイプで、センサーが揺れを感知し、ブレーカーを切って電気を遮断します。漏電ブレーカーが設置されている場合に設置可能。電気工事が必要です。
●コンセントタイプ:コンセントに内蔵されたセンサーが揺れを感知し、コンセントから電気を遮断します。電気工事が必要なタイプと不要なタイプがあります。
●簡易タイプ:ばねの作動やおもりの落下などによりブレーカーを切って、電気を遮断します。電気工事は不要です。
※「分電盤タイプ」は(一社)日本配線システム工業会が、その他のタイプは(一財)日本消防設備安全センターが性能評価を実施しています。
※電気工事が必要なものは、有資格者による工事が必要です。
※詳しくは、以下のサイトやリーフレットをご覧ください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)