ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 総合看護専門学校 > 総合看護専門学校 沿革

総合看護専門学校 沿革

昭和28年4月1日名古屋市昭和区永金町に、愛知県保健婦学院が開学
昭和34年4月1日名古屋市中村区道下町に、愛知県立中村准看護学院が開学
昭和35年9月1日名古屋市中村区道下町に、愛知県立高等看護学院が開学し、9月入学の2年課程を設置
昭和44年3月31日中村准看護学院、使命を終え廃止
昭和44年7月21日学校施設の建設開始
昭和45年4月1日高等看護学院に昼間隔日の2年課程を増設
昭和46年4月1日高等看護学院に3年課程及び4月入学の2年課程を増設し、合計4課程、学生入学定員160名となる
昭和46年8月31日保健婦学院及び高等看護学院は統合に向け廃止
昭和46年9月1日愛知県立総合看護学院開学
公衆衛生看護学科、臨床看護学第一科、同第二科、同第三科、同第四科の5課程で、学生入学定員は各科40名の合計200名とし、学則を公布
昭和49年3月31日体育館が竣工
昭和50年3月10日校歌及び校旗を制定
昭和51年4月1日専門課程を置く専修学校として文部大臣の認可を受ける
昭和52年3月30日公衆衛生看護学科に併設していた養護教諭の課程を廃止
昭和52年4月1日名称を愛知県立総合看護専門学校と改め、学則を一部改正
昭和54年4月1日臨床看護学第三科は、応募者の減少等によって、募集を中止
昭和55年12月25日視聴覚室、家庭看護実習室が完成
昭和56年3月25日臨床看護学第三科を廃止
昭和56年4月1日公衆衛生看護科を保健科に改称し、1クラス増設して学生入学定員を80名とする/臨床看護学第一科を第一看護科に、同第二科を第二看護科に、同第四科を第四看護科に改称
平成3年7月10日看護婦確保対策の一環として養成施設の整備拡充のため、北講義棟の建設開始
平成4年3月24日第一看護科の学生入学定員を100名、2クラスとするため、北講義棟が竣工
平成4年3月31日寄宿舎制度を廃止
平成5年3月25日寄宿棟を取壊し、駐車場を整備
平成7年2月27日看護科を卒業した者は、専門士と称することができる旨の文部省告示により、学則を一部改正
平成7年10月2日事務棟、講義棟、体育館の給水設備改修工事竣工
平成9年3月31日保健婦助産婦看護婦学校養成所指定規則の一部改正に伴い、学則を一部改正
平成9年11月28日事務棟、講義棟、体育館の消火栓配管改修工事竣工
平成10年10月14日在宅看護実習室改修工事竣工
平成12年3月31日学生定員、教育課程等を変更するため、学則を一部改正
平成12年4月1日保健科の学生入学定員を、80名・2クラスから40名・1クラスに減員
平成13年4月1日保健科の閉科及び第一看護科の学生定員を80名に変更するため、学則を一部改正
平成14年3月1日保健婦助産婦看護婦学校養成所指定規則の一部改正(題名等の改正)に伴い、学則を一部改正
平成14年4月1日学生定員の変更及び学校教育法の一部改正に伴い、学則を一部改正
平成14年7月から普通教室等に冷房設備を順次設置
平成15年3月10日講義棟(B棟)耐震改修工事竣工
平成15年4月1日第四看護科の募集中止、看護研修センターの設置に伴い、学則を一部改正
平成16年4月1日第一看護科の学生定員を120名に変更するため学則を一部改正
平成17年2月25日人にやさしい街づくり整備工事竣工(北講義棟自動ドア、多目的トイレ等)
平成17年4月1日第四看護科を閉科
平成18年4月1日第二看護科を閉科
平成19年2月22日講義棟暖房設備改修工事竣工
平成20年1月29日事務棟暖房設備改修工事竣工
平成21年3月31日保健師助産師看護師学校養成所指定規則の一部改正に伴い、学則を一部改正
平成24年1月31日講義棟(C棟)耐震改修工事竣工
平成25年1月31日講義棟(A棟)及び体育館耐震改修工事竣工
平成26年1月31日事務棟耐震改修工事竣工
平成27年2月26日講義棟第一看護実習室改修工事竣工
平成28年4月1日組織改正による研修室の創設に伴い、学則を一部改正
平成28年8月29日講義棟大講義室改修工事竣工

学校案内にもどる

総合看護専門学校のトップページにもどる

問合せ

愛知県立総合看護専門学校

電話: 052-832-8611

E-mail: sogokango@pref.aichi.lg.jp