ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 総合看護専門学校 > 総合看護専門学校 在校生の声

総合看護専門学校 在校生の声

在校生の声

平成29年度 在校生

【第一看護科2年生Aさん】

 入学してからあっという間に1年が経ちました。初めは今まで聞いたこともないような専門用語にただ戸惑うばかりでしたが、一つ一つ整理しながら理解していきました。技術面では、授業で習ったポイントを友達と確認しながら何度も練習をして身につけるようにしています。

 2月の臨地実習では、初めて患者さんを受け持たせていただきました。知識も技術もまだまだ未熟で悩むこともありましたが、それ以上に学ぶことが多く、また、患者さんに「ありがとう」と言われた時は本当にうれしかったです。

 この1年、勉強や実習で大変と感じることもありましたが、クラスの仲間と支え合って乗り越えることができました。これから、新しい知識や技術の習得、実習などと、さらに大変になると思いますが、自分の理想とする看護師になれるよう努力していきたいと思います。

【第一看護科2年生Bさん】

 入学して1年が経ちました。専門的な講義や演習は覚えることも多く大変ですが、少しずつ看護師という夢に近づいていると感じられうれしくもあり、充実した学校生活を送っています。

 入学当初は、勉強面だけでなく友人関係など不安でいっぱいでしたが、優しく温かい人たちばかりで、自然と仲も深まり、今では一緒に頑張る仲間として大切な存在です。また、同じ夢をもっている仲間と自分のやりたいことを学べているのでやりがいを強く感じています。

 臨地実習では、患者さんの状態を理解し関わっていくうえで、学校での講義や演習、コミュニケーションの大切さを実感しました。自分が思っているように援助ができず、悩むことや不安になることもありましたが、患者さんの笑顔と、仲間や支えてくださる先生方のおかげで乗り越えることができました。

 残り2年、周りの人に感謝しながら、頑張っていこうと思います。 

【第一看護科2年生Cさん】

 入学して1年が経ちました。入学した時は、周りが女性ばかりなので、楽しく学校生活を送ることができるか不安でした。しかし、スポーツ大会や学校祭などでの交流を通して仲良くなり、毎日楽しく過ごしています。

 2月の臨地実習では、講義で習ったことを活用しながら、実践に取り組みましたが、看護援助や看護記録の難しさを実感しました。しかし、患者さんから感謝の言葉をいただくと「頑張ってよかった」「もっと頑張ろう」と思うことができ、看護師になりたいという気持ちが強くなりました。

 学校を卒業するまであと2年間あります。毎日の講義や臨地実習など、これからさらに忙しくなっていきますが、仲間と協力し合い乗り越えていき、理想の看護師に近づいていけるよう日々努力していきたいと思います。

【第一看護科3年生Dさん】

 入学して2年が経ちました。学校では、単に看護師資格を取るために必要な知識を学ぶだけでなく、看護師としてのあり方や姿勢も学んでいます。

 臨地実習では、実際に患者さんと関わる中で、疾患や症状のみに捉われず、個別性やニーズを考え、それぞれの患者さんに必要な援助を検討し、計画を立案、実施、評価します。思うようにいかず悩むこともありますが、援助をする中での患者さんの笑顔や感謝の言葉は、私にとって大きな喜びや、やり甲斐になりました。

 看護学生としての最後の一年間、臨地実習や国家試験、就職試験に前向きに取り組んでいこうと思います。そして、知識・経験の豊富な先生方のサポートが受けられることに感謝しながら、同志の仲間と支え合いながら、理想の看護師を目指し、日々努力していきたいと思います。

【第一看護科3年生Eさん】

 入学して2年が経ちました。学習や臨地実習で忙しいですが、日々学ぶことが多く、充実した学校生活を過ごしています。クラス全員でともに苦難を乗り越え、頑張ろうという雰囲気があり、私も良い刺激を受けて頑張っています。また、先生方は、どんな些細なことでも親身に相談に乗ってくださり、常に学生の事を一番に考えてくださっています。そんな環境が愛知県立総合看護専門学校の良いところだと感じています。

 臨地実習では、実際に患者さんと関わることで、疾患の理解、看護技術の向上、コミュニケーション能力が養われ、講義での学びをさらに深めることができる貴重な場であると思って臨んでいます。患者さんの個別性を考えた看護はとても難しく、悩むことはたくさんありますが、一緒に考えてくれるグループメンバーや、助言やサポートしてくださる先生方と指導者さん、学ぶ機会を提供してくださる患者さんの存在が頑張ろうと思う原動力になります。

 これからも自分の理想とする看護師を目指して頑張っていきたいと思います。

【第一看護科3年生Fさん】

 入学して2年が経ちました。入学当初は、看護という慣れない分野の勉強や技術習得が大変でしたが、熱心な先生方や同じ志を持つ仲間のおかげで少しずつ環境に慣れていき毎日充実した日々を送っています。

 臨地実習では、実際に患者さんを受け持たせていただき、学校では学び得ることのできない経験をさせていただいています。学校や教科書で学んだことを活用して実施することは難しく、自分の行う援助が一方通行のものとならないよう、常に「患者中心であるか」という視点を持つことがとても重要であると思います。患者さんの思いを知ろうとする謙虚な姿勢を持ち、主体的に学ぶことが大切だと実習を通して感じています。実習は記録や勉強も大変ですが、様々な人と出会い、学ぶことで看護観が広がり、自分自身の成長を感じることができます。

 今年は、国家試験もあり忙しくなりますが、患者さんの思いに寄り添った看護師を目指し日々努力していきたいと思います。 

問合せ

愛知県立総合看護専門学校

電話: 052-832-8611

E-mail: sogokango@pref.aichi.lg.jp