ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 総合看護専門学校 > 総合看護専門学校 戴帽式

総合看護専門学校 戴帽式

戴帽式とは

 戴帽式は、看護帽をいただく式です。看護帽は、看護の精神を形で表し、「博愛」「責任」「清潔」の象徴といわれています。戴帽式では、この看護帽を戴く戴帽の儀と、フローレンス・ナイチンゲールがクリミヤ戦争の際、ランプを手にベッドからベッドへ傷病者を見回ったときの灯火を想定した、キャンドルサービスが行われます。

平成28年度戴帽式                               平成28年10月19日(水曜日)

 

 現在では、多くの病院で衛生面を考慮してナースキャップが廃止されています。本校でも臨地実習や校内実習では、ナースキャップを着けていませんが、ナイチンゲールの心と灯火を受け継ぐ式典として戴帽式を行いました。

戴帽式・全体集合


 誓いの言葉 第46回生(平成28年度1年生)

私たち、第46回生は、看護師になる夢に向かって頑張っていくことを誓います。 

私たち、第46回生は、命にかかわるものとして自覚と責任を持ちます。

私たち、第46回生は、患者さんの想いや価値観を尊重し、患者さんに寄り添います。

私たち、第46回生は、患者さんが安心できる看護を提供するための知識や技術を身につけます。

私たち、第46回生は、仲間と切磋琢磨し、常に学ぶ姿勢を忘れず、全員で看護師になります。

私たち、第46回生は、この日を迎えられたことへの喜びと誇りを胸に、支えてくださる方々に感謝します。

私たち、第46回生は、仲間とともに看護の道を歩んでいくことを誓います。

 


キャッピング

キャッピング2

学生はナースキャップを初めて戴きました。身が引き締まる思いがします。

ナイチンゲール 灯火を分けられて

                                                                                                                                                                              ナイチンゲール像から分けられたキャンドルの灯火を、それぞれ手にし、看護の心を受け継ぎます。

実習施設の代表の方、出身高校の先生方に御出席いただき、祝福や激励のお言葉をいただきました。

校長あいさつ画像

花束贈呈

2年生の代表から花束とエールをいただきました。

斜め後ろからの全体像

この日のために練習してきた「未来へ」を学生全員で歌いました。学生たちの思いが、列席者の方々の心に届いているようでした。

問合せ

愛知県立総合看護専門学校

電話: 052-832-8611

E-mail: sogokango@pref.aichi.lg.jp