ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 総務課(総務部) > 愛知県における指定管理者制度について

愛知県における指定管理者制度について

指定管理者制度について

愛知県では、公の施設の管理に民間活力を活用する指定管理者制度を、68施設について導入しています(平成29年4月1日現在)。

指定管理者制度とは

  • 多様化する住民ニーズにより効果的、効率的に対応するため、公の施設(※)の管理に民間能力を活用しつつ住民サービスの向上を図るとともに経費の節減等を図ることを目的に、平成15年の地方自治法の一部改正(平成15年6月13日公布、同年9月2日施行)により、従来の管理委託制度に代わって創設された制度です。
  • 指定管理者制度では、公の施設の管理を行う指定管理者は「法人その他の団体」であればよく、法律上特段の制約はありません。議会の議決を経て、県から指定管理者としての指定を受ければ、民間企業やNPOなども、公の施設の管理をすることができます。

 ※ 公(おおやけ)の施設・・・住民の福祉を増進する目的をもって、その利用に供するため地方公共団体が設置する施設(地方自治法第244条第1項)

愛知県における指定管理者制度の導入及び運用について

  • 施設の設置目的や整備手法、廃止・移管予定等により管理者を任意に指定する施設を除き、民間活力の活用による効果的・効率的な管理運営を促進する観点から指定管理者は原則公募とし、複数の申請者の中から選定しています。任意指定施設についても、施設整備の完了など、任意指定とする理由がなくなったものについては、公募への切り替えを随時検討しています。
  • また、公募を実施する公の施設の指定管理者の候補者の選定にあたっては、公平かつ適正な選定を行うために、担当部局指定管理者審査会での審査及び外部有識者で構成される愛知県指定管理者等選定委員会での選定を行っています。
  • このほか、本制度の運用にあたっての県の基本的な考え方や手続きについては、下記の「愛知県指定管理者制度ガイドライン」を御覧ください。

愛知県指定管理者制度ガイドライン

[主な変更点]

  • 愛知県公契約条例において「県が公の施設の管理を指定管理者に行わせようとするときは、基本方針の趣旨を踏まえ、公契約に係る取扱いに準じて、指定に関する事務を行う(条例第11条)」とされたことから、指定管理者の選定における「社会的価値の実現に資する取組」の評価(条例第8条)について、公契約の場合に準じて評価を行うよう改定を行う。

愛知県の公の施設の指定管理者

  • 現在、指定管理者が管理している施設の一覧を掲載しています。
  • 指定管理者名、指定期間、所管課室、WEBページのリンク先などが御覧いただけます。

指定管理者の公募情報

現在、指定管理者の募集をしている施設はありません。

平成28年度選定結果

     指定管理者公募施設(あいち航空ミュージアム)の指定管理者候補者の選定結果について

平成27年度選定結果

   指定管理者公募施設(第2期分)の指定管理者候補者の選定結果について

   指定管理者公募施設(犬山国際ユースホステル)の指定管理者候補者の選定結果について

平成26年度選定結果

平成25年度選定結果

 

問合せ

愛知県 総務部 総務課
行政経営企画グループ
電話:052-954-6077(ダイヤルイン)
E-mail: somubu-somu@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)