ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 水産試験場 > 愛知県水産試験場(内水面漁業研究所 三河一宮指導所)

愛知県水産試験場(内水面漁業研究所 三河一宮指導所)

施設の概要とアクセス

 マス類養殖の経営安定と向上及び河川漁業の振興を図るため、バイオテクノロジーや育種等の技術を利用して付加価値の高い養殖品種の生産に関する研究、魚病対策や養殖技術に関する研究、河川漁業の調査・研究等を行っています。また、マス類の養殖について、魚病の診断や治療方法などの相談にも対応しています。

施設の写真と案内図

郵便番号 441-1222
所在地 豊川市豊津町柳不呂95
電話 0533-93-1433
ファックス 0533-93-1434
アクセス JR飯田線三河一宮下車 徒歩25分
※マスの絵が書いてある高架水槽が目印

最近の主な研究成果

バイオテクノロジーによる絹姫サーモンの生産

 絹姫サーモンは、養殖しやすく成長の良いニジマスと味の良いアマゴまたは病気に強いイワナとの雑種で、それぞれの特性を兼ね備えた新品種です。この雑種はそのままでは生き残れないため、受精卵を温度処理して染色体が通常より1組多い三倍体にすると、生存できるようになります。

 当所が昭和63年から開発に着手し、平成6年にニジアマが、平成9年にニジイワが水産庁の特性評価の確認が得られ養殖が可能になりました。愛知県特産のホウライマス(斑紋のないニジマス)を雌親とするニジアマ・ニジイワは、愛知県知事により「絹姫サ-モン」と名付けられました。現在は絹姫サーモンの安定生産に関する研究を行っています。

 なお、絹姫サーモンを生産する時に行う三倍体にする操作は、染色体レベルであり、遺伝子組み換え体と違って遺伝子そのものを改変しないため、食品としての安全性に問題はありません。

 

絹姫サーモンの生産方法

河川漁業の振興に関する取り組み

 当所では、主に豊川水系、天竜川水系の河川漁業を担当しています。近年、河川漁業の主体をなすアユ漁業は、冷水病などの影響により衰退する一方でありました。その対策として、冷水病に強いアユ種苗や冷水病被害を軽減する放流方法を調査・研究し、その成果をシンポジウム等で普及しています。その結果、平成16年からのアユ漁獲量は回復に転じ、冷水病被害も小規模で治まっています。
 
冷水病に罹ったアユ
 愛知県で種苗生産されている木曽川系人工種苗は、冷水病に対してかなり強い反面、解禁時の釣果は低いことが分かりました。そこで、この木曽川系人工種苗の長所を生かし、短所を克服するための試験や、さらに良い種苗の開発に向けた研究を行っています。

マス類養殖業者への技術指導

 マス類養殖は、特に稚魚期や親魚のへい死率が高いこと、使用できる医薬品が少ないことから、病気を養殖場に持ち込まない、いわゆる防疫が重要です。

 防疫を効果的なものとするため、愛知県淡水養殖漁業協同組合内の愛知淡水養鱒研究会は、当所と協力して新たな防疫体制(防疫システム)を作り、平成15年度から運用を開始しています。

 この防疫システムは、愛知県淡水養鱒研究会員間の魚病発生情報等を共有するものであり、マス類養殖における防疫システムのような取り組みは全国的にめずらしく、このシステムはマス類の安定生産に貢献するだけでなく、薬を使わない安全・安心な魚の供給にもつながっています。

問合せ

愛知県水産試験場 内水面漁業研究所 三河一宮指導所
電話:0533-93-1433
fax:0533-93-1434