ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 水産試験場 > 漁況速報 ~おさかな旬報~

漁況速報 ~おさかな旬報~

 水産試験場では、知多地区の市場を中心に、漁獲物の調査や測定などを行っており、漁況概要や主要漁獲物の漁獲動向について、旬ごとに最新の情報を紹介しています。
 この市場調査の際にみかけた旬でおすすめの魚介類や珍しい魚など、タイムリーな愛知県の地元水産物を紹介しています。地産地消や食育への取組、地元あいちの水産物をお求めになる際などに、参考にしていただけるかもしれません。

漁況概要 

各漁場と主な漁獲物 

○伊勢湾:スズキ、シャコ、トラフグ、ヒガンフグ、ワカメ、ノリ、マナマコ

○三河湾:ノリ、ワカメ、マナマコ

○渥美外海: マダイ、ホウボウ、スズキ、ヒラメ、トラフグ、ボラ

概況図

2月下旬の漁模様(今旬に新たに追加された魚種は赤字で示しています。)

市場レポート

 マナマコマナマコマナマコマナマコ

 マナマコStichopus japonicaが水揚げされています。体色は赤、青、黒の3色が存在しています。外海の岩礁や荒い砂地にすむ赤色のものを赤ナマコ、内湾の砂地にすむ暗い青緑色のものを青ナマコ、さらに極めて黒いものを黒ナマコと呼ぶそうです。酢の物で食べるとこりこりとした食感が楽しめます。ナマコの内臓を塩辛にした「このわた」は日本三大珍味の1つとして有名です。ナマコの別の呼び方が「こ」で、その内臓であることから、このわたと呼ばれるようになり、古くから三河のこのわたが将軍家や御所への献上品として使われていたそうです。

 

 

 

 

ヒガンフグ

 ヒガンフグTakifugu pardalisが伊勢湾で獲れています。冬から春が旬の魚で、普段は浅い沿岸域に生息していますが、2~3月に内湾で産卵します。そのため、春の彼岸の頃にまとまって獲れることから、この名がついたと言われています。トラフグについで美味しいと言われ、刺身やから揚げにはもちろんのこと、鍋の具材にもおすすめです。

 

 

キンメダイキンメダイ

 キンメダイBeryx splendensが西浦港で揚がっていました。名前の由来はそのままで、目が金色にみえることからです。しかし、写真を見ると、目が金色にみえる魚とそうでない魚がいます。キンメダイの目の奥には、タペタムという光を反射する層があるのですが、光が反射する角度でうまい具合に見ると金色に光ってみえます。このタペタムは夜行性の陸上動物にもあり、ネコの目が夜光って見えるのもこのためです。身に脂がのっているため煮付けや鍋の具材にぴったりです。

カガミダイカガミダイマトウダイとカガミダイ

 カガミダイZenopsis nebulosaが渥美外海で獲れていました。以前に紹介したマトウダイに似ていますが、カガミダイは名の通り、体が鏡のようにピカピカ光ってみえます。白身魚ですので、刺身や煮つけ、塩焼きなどいろいろな料理に活かせます。肝も大きく味がいいので、身と一緒に鍋にしたり、カワハギと同じように肝和えにしたりすることができます。

ワカメワカメワカメ 

 ワカメUndaria pinnatifidaが伊勢湾、三河湾で獲れています。写真の通り、袋詰めにされたワカメや茎やめかぶが市場に並んでいます。いつもみそ汁などで見慣れている緑色ではなく、生のワカメは茶色をしています。ワカメは主な光合成色素として、クロロフィルa(緑色)とフコキサンチン(赤色)を持っています。生の状態では緑と赤が混ざって茶色に見えますが、熱を加えると、フコキサンチンが変質し黄色になるため、緑と黄色が混ざって、普段見慣れた緑色になります。ワカメはみそ汁の具材や和えものなど食卓に欠かせない食材だと思います。ぜひこの機会に地元産のワカメをお試しください。

 

 

 

 

 

 

 

 

主要魚種の漁獲状況 

 

水揚げグラフ

2月中旬までの主要魚種の旬別漁獲量の推移 主要7港:豊浜,師崎,片名,日間賀島,篠島,大浜,赤羽根  主要3港:豊浜,師崎,大浜

過去の主要魚種の漁獲状況

市場レポートで紹介した愛知県産水産物が買えるお店と料理レシピ

 地元あいちの水産物に興味を持っていただいたみなさまに、すぐにお買い物とお料理を楽しんでいただくために、外部リンクを紹介させていただきます。

「この魚はどうやって調理するの?」 
 こんな疑問をいだかれた方は、下記サイトを活用してみて下さい。
 基本は生、煮る、焼くでOKですが、きっと地元あいちの水産物で季節を感じられる一品が見つかるはずです!

 あいちのおさかなコンシェルジュ「おさかなレシピ」外部リンク)
 レシピ検索No.1 料理レシピ載せるなら クックパッド(外部リンク)

過去のおさかな旬報

過去一年分のおさかな旬報(最新版は一番下)です。pdfファイルをダウンロードしてご覧下さい。なお、1年を過ぎたものは順に削除していきます。

     イトヒキアジ、ジンドウイカ、ヒラメ、イシダイ、カワハギ、ヒゲソリダイ

     スズキ、ヤリイカ、アオリイカ、ヒガンフグ、ゴンズイ、マナマコ

     ケンサキイカ、ヒゲダイ、ヒゲソリダイ、スズキ、コウイカ、カミナリイカ、ホウボウ、ホシセミホウボウ

     アカエイ、ホシエイとエイを使った料理の紹介

     ヒラメ、ボラ、ケンサキイカ、アカエイ、トラフグ、キアンコウ

     クロダイ、ボラ、ヒラメ、チョウセンバカマ、ハシキンメ、ヒウチダイ

     マダイ、チダイ、キダイ、シマフグ、イシダイ、スルメイカ、ワカメ、ハマグリ

     マダイ、クロダイ、マトウダイ、ボラ、トリガイ、スズキ、カワビシャ

     サワラ、クロダイ、ホウボウ、ヒラメ、マダイ

     マダイ、クロダイ、マダコ、ケンサキイカ、マサバ、マツカサウオ

     マダイ、クロダイ、ニギス、アオリイカ、マアジ

     イトヨリダイ、ホウボウ、アカヤガラ、イラ、ヒメジ

     ギマ、マダコ、アカカマス、サワラ、マゴチ

    ガザミ、ハモ、イボダイ、マダコ、シログチ

    ヤリイカ、ガザミ、アカカマス、ヤマトカマス、コショウダイ、イボダイ

    サワラ、マダイ、チダイ、クロダイ、スズキ、ツノナガチヒロエビ

    スズキ、サワラ、カミナリイカ、ヤリイカ、イシダイ

    イシガレイ、ヒラメ、トラフグ、キアンコウ、スズキ

    ヒラメ、ボラ、ホウボウ、カワハギ、マトウダイ、アカエイ

県内水産物情報サイト リンク集

他サイトの地元のおさかな情報などをリンク集として紹介しますので、是非ともご活用ください。

愛知の水産業やさかなのこと、また県内の水産に関するトピックスを総合的に紹介している愛知県農林水産部水産課のホームページはこちら

あいちのおさかなを食べてキレイになろう!「あいちのおさかな」を食べて、ココロもカラダも健康とキレイを目指す「魚食女子」を応援するあいちのおさかなコンシェルジュはこちら

愛知県内産地直売所やふれあい体験施設を紹介したあいちの農林水産産地直売所マップはこちら

愛知のうまいもんを紹介した愛知グルメ図鑑はこちら

知多の農林水産業や直売所などを紹介したPRパンフレット知多のおしながきはこちら

以下は外部リンクです。

豊浜市場の水産物を仲買さんの目から詳しく紹介している南知多・豊浜のさかなや五代目まるとさんのブログはこちら

南知多の水産情報を発信している豊浜漁業協同組合さんのホームページ豊浜商工会さんのホームページはこちら

三河一色漁港の水産情報を発信している三河一色さかな村さんのホームページはこちら

三河幡豆漁港の旬のおさかなや潮干狩り情報を紹介している幡豆漁協のブログはこちら

沖合の深い所にいる魚も数多く見ることができる蒲郡漁協西浦支所・西浦マーケットのホームページへは、こちらからどうぞ。

問合せ

愛知県 水産試験場 漁業生産研究所
電話: 0569-65-0611
ファックス: 0569-65-2358


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)