ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 水産試験場 > 愛知県水産試験場120周年誌

愛知県水産試験場120周年誌

愛知県水産試験場120周年誌

はじめに

 愛知県水産試験場が,全国の都道府県に先駆けて明治27年5月に幡豆郡一色町(現西尾市一色町)に設置されてから120年の歳月が経過しましたのでこれを記念し,また一つの区切りとする意味で本誌を発刊することになりました。
 この間,社会情勢の変化に伴い,水産試験場の機構や試験研究の内容も大きく変化してきましたが,関係各位の御理解,御協力によりその時々のニーズに応えるべく本県水産業の発展の拠点としての役割を果たしてまいりました。
 しかし,本県水産業をとりまく情勢は,伊勢湾,三河湾における貧酸素水塊の発生や干潟・浅場,藻場の消失による漁場生産力の低下,水産資源の減少,魚価の低迷など大変厳しい状況となっています。水産試験場としては,これらの状況を打破するために,「愛知県農林水産業の試験研究基本計画2015」に基づき,内湾漁場環境の回復や水産資源の持続的利用,新たな生産技術等に関する試験研究を進めているところであります。
 平成6年に「愛知県水産試験場創立百周年記念誌」が刊行されておりますので,本誌は平成6年以降の水産に関する試験研究の取組状況や成果についてとりまとめましたが,今後の試験研究に役立ち,本県水産振興の参考としてご活用いただければ幸いです。

平成27年1月  愛知県水産試験場長 井 野 川 仲 男

愛知県水産試験場 120周年誌

問合せ

愛知県 水産試験場

電話: 0533-68-5196

E-mail: suisanshiken@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)