ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 水産試験場 > 共同研究の募集について

共同研究の募集について

1 共同研究の募集について

 愛知県水産試験場では、愛知県水産試験場共同研究実施要領に基づき、当場と協力し共同研究テーマの課題解決を図る共同研究実施者を募集します。

2 募集期間

 通年(いつでも御応募いただけます)

3 募集する共同研究テーマ

・貧酸素水塊や硫化水素が生物に及ぼす影響の解明及び被害軽減技術の開発
・渥美外海及び内湾における海況モニタリングと情報発信
・多獲性浮魚類の資源量予測の精度向上と資源管理手法の開発
・藻場の再生技術の開発
・アサリ稚貝大量発生機構の解明及びアサリ稚貝発生場の造成技術の開発
・アサリの安定生産技術の開発
・環境変化に対応した種苗放流技術の開発
・生態を考慮した栽培漁業技術の開発
・環境変化に対応した藻類養殖技術の開発
・再生産を考慮したアユ資源の維持・増大技術の開発
・ウナギ資源増大のための放流技術の開発
・ウナギ人工種苗生産技術の開発
・「絹姫サーモン」の生産管理手法の開発
・サツキマスの新たな養殖技術の開発
・産地の競争力を高めるノリ及びキンギョの品種開発
・養殖魚の育種等に係る技術の開発
・養殖魚の防疫体制の確立と食品としての安全性の確保
・未利用魚の有効利用手法の開発

4 応募資格

・本共同研究に必要な技術的能力、研究体制を有すること。
・本共同研究に必要な経理的基礎を有すること。

5 応募の方法

(1) 事前調整
 研究担当者と研究内容、研究分担について事前に調整が必要となります。共同研究に意欲のある方は、企画情報部企画普及グループまで共同研究の方法についてお問い合わせください。
(2) 応募
 研究担当者と研究内容、研究分担調整後は、共同研究申請書に必要事項を記入し、添付書類を添えて下記まで提出して下さい。
  〒443-0021
  愛知県蒲郡市三谷町若宮97
  愛知県水産試験場 企画情報部企画普及グループ 共同研究担当者宛
(3) 添付書類
 ・定款・規約
 ・直近2年間の収支決算書
 ・その他技術能力、研究体制及び経理的基礎を有する否か判断するに必要な書類

6 共同研究の形式

 共同研究には、共同研究実施者に必要な経費を負担いただく「資金供与型」と研究に必要な経費を県と共同研究実施者がそれぞれ負担する「非資金供与型」があります。

7 共同研究実施の審査

・愛知県水産試験場 共同研究審査会において、研究実施の可否について審査します。
・上記により実施が可とされた場合は、愛知県水産試験場と共同研究実施者による協議の上、「共同研究契約書」を締結し、研究を開始します。

8 注意点

・研究期間は、契約締結日から概ね3年間を想定しています。
・共同研究により得られた知的財産権等は、共同研究者と愛知県の共有となります。

9 関係書類

愛知県水産試験場 共同研究実施要領
 共同研究実施要領 [PDFファイル/76KB]
 共同研究の実施要領です。

共同研究申請書
 共同研究申請書 [Wordファイル/30KB]
 研究担当者と研究内容、研究分担について事前に調整した上、共同研究申請書に必要事項を記入し提出して下さい。

共同研究契約書
 ひな形1[Wordファイル/34KB]
 共同研究に係る特許を受ける権利、品種を育成した者としての地位について、県と乙が共有している場合であって、乙が優先的に当該権利等を行使させる者を指定した場合のひな形。
 ひな形2 [Wordファイル/32KB]
 共同研究に係る特許を受ける権利、品種を育成した者としての地位について、県と乙が共有している場合であって、乙が優先的に当該権利等を行使させる者を指定しない場合のひな形。

10 問い合わせ先

企画情報部企画普及グループ 谷川・石田
電話  0533-68-5198(直通)
e-mail suisanshiken@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)