ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 社会活動推進課多文化共生推進室 > 「多文化子育てサークル」情報

「多文化子育てサークル」情報

外国人の方のための子育てサークル(=「多文化子育てサークル」)を実施します!

 愛知県では今年度、知立市と豊田市の県内2カ所で、「多文化子育てサークル」をそれぞれ7回程度実施します。
 
 子育て中の保護者は、子育てについて大きな不安や孤独を感じることがあります。そんな時、同じように子育てをしている他の保護者と知り合い、子育てに関する意見交換をしたり、悩みを共有することができる「子育てサークル」は、日本に暮らす外国人にとっては言葉や文化の壁があり、なかなか参加しにくいのが現状です。 
 
 そこで愛知県では今年度、日本で子どもを育てる外国人乳幼児の親子を対象にした「多文化子育てサークル」を実施します。サークルの中では、託児と通訳のサポートを利用できます。
 
 この子育てサークルでは、実際に親子で触れあっていただく親子遊びの機会はもちろん、日本の保育所の制度など日本で子育てをするにあたって大切な事項を学んでもらいながら、子どもの成長に従って保護者に求められる日本語能力の育成にも取組みます。
 
 また、幼児期の教育環境・家庭環境は、子どもの語彙力に大きく影響するだけでなく、就学後の学力形成にも大きく関わるといわれていることから、「多文化子育てサークル」では、子どもの言語習得、将来的な学力形成を促進するため、保護者に対し「外国人の乳幼児期における言語習得に大切なポイント」を伝えていきます。
 
 外国にルーツを持つ乳幼児の保護者の皆さんの参加をお待ちしています。また、周りにそういった方がいらっしゃったら、ぜひ多文化子育てサークルへの参加を勧めてください。事前申込は不要となっております。

 このウェブページでは、「多文化子育てサークル」の開催情報を随時アップしていきます。多くの外国人のお父さん・お母さんの参加をお待ちしております!

★多文化子育てサークル@知立市(NPO法人みらい実施)

第1回「リラックスヨガ&おはなし会」

★日 時  平成29年8月26日(土曜日)10時30分から13時00分まで
★場 所  UR知立団地集会所ABホール(知立市昭和9丁目2番地)
★内 容  子育て中の親に人気の高いヨガをしながら、心地よい時間を過ごしてもらい、心と体をほぐしてもらいます。その後、軽食をとりながら、参加者同士の交流の時間にするとともに、育児をする中での悩みを聞いていきます。

第2回「乳幼児親子教室に参加しよう」

★日 時  平成29年9月8日(金曜日)10時15分から11時30分まで
★場 所  昭和児童センター(知立市昭和7丁目1番地)  ※UR知立団地集会所(知立市昭和9丁目2番地)に10時集合
★内 容  地域の子育て支援に関する社会資源の一つである乳幼児親子教室に実際に参加し、地域の子育て支援サービスの活用につなげます。施設を利用する上で必要な日本語を学びます。また、幼稚園、保育園申込み前のこの時期に、知っておくといい情報を伝えます。 

第3回「エプロンシアター&おはなし会」

★日 時  平成29年9月23日(土曜日)10時30分から13時00分まで
★場 所  UR知立団地集会所 親和室(知立市昭和9丁目2番地)
★内 容  子どもたちが大好きなエプロンシアターを親子で楽しみます。その後、小さい子どものいる家庭の防災について考えます。地震が起こったら、どう子どもの命を守るのか、日頃から何を備えておけばいいのかを学びます。アルファ米などの非常食を実際に食べてもらい理解を深めます。

★多文化子育てサークル@豊田市(NPO法人トルシーダ実施)

第1回「聞こう、話そう各国子育て事情」

★日 時  平成29年9月30日(土曜日)14時00分から16時00分まで
★場 所  とよた市民活動センター(豊田市若宮町1-57-1 A館T-FACE9階(松坂屋上階))
★内 容  多文化子育てサークルの趣旨、内容などについてオリエンテーションをします。また、いろいろな国の文化を尊重しながら活動するために、まずは、参加者同士でそれぞれの国の子育てについて話し合い発表します。さらに、日本の手遊びを子どもと一緒に楽しみます。

外国人乳幼児親子の支援に関わる方へ

 愛知県では、今後、県内の様々な担い手が、「多文化子育てサークル」に関心を持ち、取り組んでいただくことを願っています。県内の自治体職員の方、地域国際交流協会の方、NPOの方、保育士の方、保健師の方など、日頃から外国人乳幼児及び保護者の支援に携わっている方は、サークルを見学していただけます。関心のある方は、多文化共生推進室へ御連絡ください。
 ※見学希望者が多数の場合、参加親子への影響を考慮し、見学をお断りする場合もありますので、御理解ください。
 
  

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)