ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 統計課 > 愛知県の農林業センサス結果 -2010年- (平成22年2月1日現在)

愛知県の農林業センサス結果 -2010年- (平成22年2月1日現在)

このWebページアドレスは、更新等により変更される場合があります。お気に入り・ブックマークなどへの登録やリンク設定は、統計課のトップページ http://www.pref.aichi.jp/toukei/ にお願いします。

-農林業経営体調査-
平成23年3月28日公表

   (最新のデータは、農林水産省のページにてご確認ください。)

 (過去のデータは、年報周期調査結果(農林水産業)にてご確認ください。)

報告書

2010年農林業センサス結果の概要がPDF形式でご覧になれます。

統計表

調査結果データがエクセル形式でダウンロードできます。

ご利用に際して

● 農林業センサスとは ・・・・・ 2010年世界農林業センサスの概要を掲載しています。

● ご利用にあたって ・・・・・ 統計表の利用上の注意がわかります。

結果の概要

農林業経営体

 農林業経営体数は、平成22年2月1日現在で、45,702経営体となりました。このうち、農業経営体数は45,005経営体で、前回(平成17年調査)に比べ14.1%の減少となりました。 林業経営体数は2,010経営体で、前回に比べ29.2%の減少となりました。

農業経営体

組織形態別経営体数

 農業経営体の組織形態別構成をみると、法人化している経営体は649経営体(全体に占める割合1.4%)、法人化していない経営体は44,351経営体(同98.5%)、地方公共団体・財産区は5経営体(同0.0%)となりました。

経営耕地面積規模別経営体数

 農業経営体を経営耕地面積規模別でみると、0.3ヘクタールから3.0ヘクタール未満までの層では前回に比べ減少となり、3.0ヘクタール 以上の層では前回に比べ増加となり、経営規模の拡大傾向がみられました。

農産物販売金額規模別経営体数

 農産物販売金額規模別でみると、「50万円未満」を除く全ての層で、前回に比べ減少しました。

耕地種類別経営耕地面積

 農業経営体の経営耕地面積は、53,282ヘクタールで、前回に比べ2.4%減少となりましたが、経営耕地のある経営体1経営体当たりの平均経営耕地面積は1.20ヘクタールとなり、前回に比べ0.15ヘクタール増加しました。借入耕地面積は17,486ヘクタールで、前回と比べて18.9パーセント増加しました。

農業生産関連事業を行っている経営体の事業種別経営体数

 農業経営体が取り組む農業生産関連事業の状況をみると、「農産物の加工」「貸農園・体験農園等」「観光農園」等、全ての区分で増加しました。

総農家

 総農家数は84,067戸となり、前回に比べ7,679戸(△8.4%)の減少となりました。このうち販売農家は43,632戸で15.5%の減少となり、自給的農家は40,435戸で0.8%の増加となりました。

販売農家

主副業別農家数

 販売農家は43,632戸となり、主副業別構成割合をみると、主業農家は23.3%、準主業農家は23.6%、副業的農家は53.1%となりました。

専兼業別農家数

 専兼業別割合をみると、専業農家は23.2%、第1種兼業農家は14.9%、第2種兼業農家は61.9%となりました。

農業就業人口

 農業就業人口は77,429人で、前回に比べ22.8%の減少となり、平均年齢は64.8歳となりました。年齢別構成割合をみると、65歳以上の占める割合は59.0%(前回54.9%)となりました。

耕作放棄地面積

 耕作放棄地面積は、8,379ヘクタールとなり、前回に比べ6.0%減少しました。

保有山林面積規模別林業経営体数

 林業経営体を保有山林面積規模別にみると、「5~10ha」層が622経営体(全体に占める割合30.9%)で、最も多く占めました。
  • 愛知県統計課のトップページへ http://www.pref.aichi.jp/toukei/
  • 愛知県統計課 年報・周期調査結果(農林水産業)のページへ http://www.pref.aichi.jp/toukei/jyoho/topic/tokushu.html#nougyou
  • 統計調査にご協力をお願いします。

    関連コンテンツ

    問合せ

    愛知県 県民生活部 統計課
    学校・農林統計グループ
    電話 052-954-6102(ダイヤルイン)
    E-mail: toukei@pref.aichi.lg.jp

    Adobe Reader

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)