ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 統計課 > 質問15 コンビニと酒屋の「店舗数の関係」は?

質問15 コンビニと酒屋の「店舗数の関係」は?

 

質問15 今は便利なお店としてコンビニエンスストアが多くあります。他方で、昔ながらの酒屋さんが少なくなってきているようです。実態を教えてください。

答え 「平成26年商業統計」によると、愛知県内にコンビニエンスストア(飲食料品を中心とするものに限る)(以下「コンビニ」という。)は2,182店、酒小売業(以下「酒屋」という。)は1,006店で、事業所数ではコンビニの方が多くなっています。

 コンビニと酒屋の事業所数を比較したのが下のグラフです。
 かつては電話で注文すれば家まで配達してくれた、便利なお店として盛えた酒屋さんですが、事業所数について、近年はコンビニが酒屋を上回る傾向が続いています。 

酒屋


   〔資料:経済産業省「平成26年商業統計調査」〕

 
   ・愛知県統計課のトップページへ http://www.pref.aichi.jp/toukei/
   ・一問一答 知ってる?あいちのトップページへ http://www.pref.aichi.jp/soshiki/toukei/0000078203.html

問合せ

愛知県 県民生活部 統計課
資料・普及グループ
電話052-954-6108(ダイヤルイン)
E-mail: toukei@pref.aichi.lg.jp