トップページイベント情報>やきものの技法から瀬戸を知る

イベント情報

平成30年度やきものの技法から瀬戸を知る「泥漿鋳込 岡崎達也」

  

◎やきものの技法から瀬戸を知るって、どんなイベント?

瀬戸では、代々伝わる技法を駆使し、それぞれに特徴を持った個性豊かなやきものが制作されています。「やきものの技法から瀬戸を知る」では、普段あまり目にすることのできない特殊な「技法」に焦点を当て、公開制作を行ないながら、 作り手の「瀬戸」の記憶をたどっていきます。
陶磁器デザインやクラフトの技術や思考をベースに、独自の制作活動を行っている岡崎達也氏を講師に迎え、石膏型を使用した泥漿鋳込の実演を行います。参加者は簡単な石膏型を用いて泥漿鋳込の体験も行います。 どのようにして現在の制作スタイルに辿り着いたのか、個展での作品発表や公募展への出品などご自身の経歴を振り返りながら、陶磁器デザイン・クラフトのこれから、また、同氏から見た現在の「瀬戸」を座談会という形でお話ししていただく機会も設けます。


平成30年度は【やきものの技法】に焦点を当て、瀬戸・常滑・猿投の特殊な技法を紹介していきます。(全5回を予定)

瀬戸・常滑・猿投の特色ある技法に注目し、公開制作、特別鑑賞、制作体験などを行なっていきます。
各地域で制作する陶芸家より、座談会という形でその土地の歴史や現状を、ご本人の制作の経歴に添いながら、お話しして頂きます。
当館学芸員・陶芸指導員も座談会に加わり、陶片資料や歴史的観点から各地域の特徴なども紹介していきます。
いつもはなかなか見ることが出来ない技法を目にしたり、実際に制作してみると、今まで見ていた作品の見え方も少し変わってくる…かも?しれません。

★座談会という形式で、講師や参加者同士がコミュニケーションをとりながら、地域の歴史や技法について理解を深めていく場にします。
★講師や他の参加者のかたがたとも交流することができ、新しい発見がつながっていくような、空間を作り出します。

※要事前申込


2019年3月17日(日)は…
「 やきものの技法から瀬戸を知る 泥漿鋳込 岡崎達也 」
岡崎達也氏による、石膏型を使用した泥漿鋳込の公開制作を行います。
泥漿鋳込の簡単な解説も行います。
泥漿鋳込の特色や道具、原料についてもお話していただく機会を設けます。
御自身の制作について座談会という形式でお話しして頂きます。


陶磁器デザインやクラフトの技術や思考をベースに、独自の制作活動を行っている岡崎達也氏のワークショップ。
当館では初めての開催になります。
個展での作品発表や公募展への出品など、多方面で活躍されています。
いわゆる陶芸家とは違った視点でやきものの制作を行っている達也さんのワークショップ。是非ご応募ください!




チラシはこちらから[PDF版]

  • 開催日: 2019年3月17日(日)
  • 参加費: 大人1名につき240円、中学生以下1名につき120円
          (付き添いの方で教室内に入室される場合も参加料が必要です。
           大人1名につき240円)
           ※いずれも当日お支払い。お釣りの無いようにご用意ください。

  • 時間: 午後1時30分から午後3時30分 (午後1時受付開始)
  • 会場: 愛知県陶磁美術館 陶芸館 
  • 定員: 20名 (応募者多数の場合は抽選)
     
  • ※今回の講座では簡単な泥漿鋳込の体験も行います。
     

「やきものの技法から瀬戸を知る 泥漿鋳込 岡崎達也」の申込方法


・参加ご希望全員のお名前、年齢 (付き添いの方はその旨を記入)
・住所、電話番号、返信先ご住所 (メールお申込の方はメールアドレス)
・当日のご連絡先 (携帯電話など)

以上をご記入の上、「往復はがき」または「メール」にて下記の宛先までご応募ください。



  • [往復はがき] 〒489-0965  愛知県瀬戸市南山口町234番地
              愛知県陶磁美術館 「やきものの技法から瀬戸を知る」 係

                
  • [メール] touji@pref.aichi.lg.jp  
           (件名を「やきものの技法から瀬戸を知る」としてください。)


    • ◆3月17日(日)「やきものの技法から瀬戸を知る 泥漿鋳込 岡崎達也」の お申し込み締切りは3月5日(火)必着 です。
      応募者多数の場合は抽選となります。
      メール申込にて、3月14日までに当館から「返信メール」が無い場合、お電話にてお問い合わせください。

    •  ※ メール送受信エラーが発生する場合がございます。
         メールでお申し込みの方は、募集締め切り後に送信する当館からの「返信メール」のご確認をお願い申し上げます。

  • 岡崎 達也 TATSUYA OKAZAKI
    1976年 愛知県生まれ
    1999年 愛知県立芸術大学 デザイン工芸科 陶磁専攻 卒業
    陶磁器メーカーデザイナーを経て、自身のブランド ttyokzk ceramic design として、食器、花器、照明器具等のデザイン、制作を行う。MoMAデザインストアをはじめ、国内外各地のギャラリー、インテリアショップ等で販売
    2006年 アジア陶磁デルタプロジェクト「じゃんけんぽんの考え方ー勝ち負けのない共存」展 (韓国、台湾、日本巡回)招待出品 及び講演
    2007年 第4回京畿道世界陶磁ビエンナーレ セラミックハウス・ (驪州世界生活陶磁館)招待出品及び作品収蔵
    2008年 第8回国際陶磁器展美濃 陶磁器デザイン部門 入選 (1998、2002、2005 入選)
    2009年 岐阜県現代陶芸美術館に作品7点収蔵
    2012年 MINO CERAMICS NOW 2012 ーMINO 陶芸の気鋭ー (岐阜県現代陶芸美術館)
    2013年 NIPPONの47人 2013 CRAFT (d47 MUSEUM/渋谷)
    2015年 工芸都市高岡2015クラフトコンペ 奨励賞 (2002、2011、2012 奨励賞)
    現在  愛知県立芸術大学、名古屋芸術大学 非常勤講師


  • 岡崎達也さんの作品

    swing

    pomme poire

    float

    dice

    combi

    branch


    【やきものの技法から☆☆を知る講座】
    今後の予定はこちら!

    2018年
    5月20日(日)…練り込み技法(瀬戸)
    7月15日(日)…陰刻花文(猿投)
    9月16日(日)…急須(常滑)
    11月18日(日)…染付(瀬戸)
    2019年
    3月17日(日)…泥漿鋳込(瀬戸)