ページの先頭です

メニューの終端です。

宅地耐震化推進事業について

○宅地耐震化推進事業とは

 平成7年の兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)、平成16年の新潟中越地震などにおいて、大規模に盛土造成された宅地で滑動崩落による被害が発生しました。この滑動崩落という現象のメカニズムは、これらの被害により初めて明らかになってきました。これを受けて平成18年度に滑動崩落を防止するために必要な調査や工事などを支援する宅地耐震化推進事業が創設されました。

 ★関連情報
   国土交通省(宅地耐震化推進事業) 
   国土交通省(パンフレット等)   


○愛知県における宅地耐震化推進事業の進捗状況
 
 愛知県では平成21年度から大規模盛土造成地の抽出調査を実施し、大規模盛土造成地のおおむねの位置を示したマップを順次作成しています。これまでに作成したマップは以下から閲覧できます。
 マップに示した箇所全てが地震時に危険というわけではありません。

   ※大規模盛土造成地マップとは[PDFファイル:383KB]


(尾張)   尾張旭市[PDFファイル:3.66MB]
       豊明市[PDFファイル:3.70MB]
       日進市[PDFファイル:5.76MB]
       長久手市[PDFファイル:1.88MB]
       東郷町[PDFファイル:6.74MB]

(知多)   美浜町(北)[PDFファイル:4.60MB]
       美浜町(南)[PDFファイル:3.16MB]
       東浦町[PDFファイル:1.62MB]

(西三河)  みよし市[PDFファイル:6.84MB]

(東三河)  蒲郡市(西)[PDFファイル:1.46MB]
        蒲郡市(東)[PDFファイル:1.02MB]
       田原市(北東)[PDFファイル:4.24MB]
       田原市(南東)[PDFファイル:4.68MB]
       田原市(中)[PDFファイル:1.35MB]
         上記の市町でマップのないエリアについては、調査をしたところ大規模盛土造成地はありませんでした。   

津島市、碧南市、江南市、稲沢市、新城市、知立市、高浜市、岩倉市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥富市、あま市、豊山町、大口町、扶桑町、大治町、蟹江町、飛島村、南知多町、武豊町、幸田町、設楽町、東栄町、豊根村においては、大規模盛土造成地はありませんでした。

名古屋市、豊橋市、岡崎市、豊田市、一宮市、春日井市、大府市、西尾市においては、それぞれの市へお問い合わせください。

 ★関連情報
     国土交通省(大規模盛土造成地の滑動崩落対策について

○社会資本総合整備計画について
整備計画の名称 分野名 計画策定主体 計画期間 備考
愛知県宅地耐震化推進事業(防災・安全)
[PDFファイル:283KB]
愛知県 平成29年度〜平成31年度  

○事後評価書について
整備計画の名称  分野名  計画策定主体  計画期間  備考
 愛知県宅地耐震化推進事業(防災・安全)
[PDFファイル:225KB]
 − 愛知県
西尾市
大府市
 平成24年度〜平成28年度  

お問い合わせ

建築指導課開発グループ
電話: 052-954-6588