愛知県警察

top
menu

 

警察相談専用電話(警察本部の住民相談室につながります)
#9110 (短縮ダイヤル)
052-953-9110
(ダイヤル回線・一部IP電話)
月曜日~金曜日
(年末年始・休日を除く)
午前9時~午後5時
緊急時は110番
110番通報が困難な方

二輪車の交通事故防止

二輪車(バイク)と四輪車の致死率(死傷者数に占める死者の割合)を比較すると、四輪車が0.16%に対し、二輪車は1.12%で約7倍です。また、重傷者を含めた致死・重傷率では、約9倍にもなります。

二輪車は、四輪車と比べ、身体がむき出しであることや、車体が小さく他の車から見落とされやすいため、交通事故の危険性が高くなり、交通事故の被害も大きくなります。

二輪車に乗るときには、ヘルメットはもちろん、万が一の事故の時に身体を守るプロテクターやエアバッグジャケットを着用しましょう。通勤やツーリングなどで二輪車に乗られる方は、スピードを控えて安全運転に心がけましょう。

二輪車の交通事故防止 目次

四コマ漫画で学ぶ 二輪車に多い交通事故

クリックすると対象の四コマ漫画まで移動します。

下にスクロールしていくとすべての漫画が読めます。

①単独 

②出合頭 

③右折の車と直進の二輪車との事故 

④追い越し 

⑤サンキュー事故(※右折の際など、譲ってくれた対向車の陰から出てきた二輪車との事故)

①単独

         4curve.JPG

②出合頭

         R3deai2.png

③右折の車と直進の二輪車との事故

           4utyoku2.jpeg

④追い越し

         4oikosi.JPG

⑤サンキュー事故

         4thankyou.jpeg

数字で見る 愛知県内の二輪車の交通事故

 令和2年中、愛知県内の人身交通事故で二輪車乗車中に死傷された方は2,341人で、その内、死者は27人でした。

年代別で見る二輪車の死者・重傷者数

 過去5年間(平成28年~令和2年)の愛知県内における二輪車の死者・重傷者数を年代別で見ると、一番多い年代が40歳代、次いで20歳代、50歳代と続きます。

二輪車と四輪車の致死・重傷率

 二輪車は四輪車と違い、運転者を守る車体などがなく、四輪車と比べ致死率が高い傾向があります。
 過去5年間(平成28年~令和2年)の愛知県内における交通事故での致死・重傷率の平均を二輪車と四輪車で比較すると約9倍も二輪車の方が高くなります。

R3niringragh1.png

 愛知県の車両保有台数1万台あたりの交通事故死者・重傷者数を見ると、四輪車に比べ、二輪車の方が約10倍も多くなります。

R3niringrafh3.png

42070