愛知県警察

top
menu

 

警察相談専用電話(警察本部の住民サービス課相談係(住民コーナー)につながります)
#9110 (短縮ダイヤル)
052-953-9110
(ダイヤル回線・一部IP電話)
月曜日~金曜日
(年末年始・休日を除く)
午前9時~午後5時
緊急時は110番
110番通報が困難な方

熱田警察署052-671-0110

 

多発警報における広報啓発活動

名古屋市交通死亡事故多発警報発令

2022年9月 6日
名古屋市では今年になって4度目の交通死亡事故多発警報が発令されました。区役所と連携して区役所前で反射材などの啓発品を配布し、交通事故防止を呼びかけました。反射材は身に着けることで車などに早く発見してもらえます。反射材などを身に着け、交通事故防止に努めてください。

夕方の5~7は魔の時間懸垂幕

「夕方の5~7は魔の時間」の懸垂幕

2022年9月 1日
「夕方の5~7は魔の時間」の懸垂幕を掲げました。9月から夕暮れの時間帯が早まり、午後5時から午後7時までの間は交通事故にあう危険性が高まります。この時間帯を「夕方の5~7は魔の時間」として、車の運転者や自転車利用者は夕暮れ時の早めの前照灯点灯をお願いします。また、歩行者の方は明るい服装の着用と反射材等を活用して交通事故防止に努めましょう。

給食時間の放送を利用して一口教養

給食の放送時間を利用して

2022年7月14日
夏休み前の小学生に交通安全講話を行いました。給食の放送時間帯を利用して、横断歩道を渡るとき、交差点を通るときなど、飛び出さないように、まず、「止まる」ことの大切さをお話ししました。横断歩道を渡っている時も左右の安全確認をしながら横断するようにお願いしました。

高校において交通安全教室の開催

高等学校において自転車の交通安全教室を行いました。

2022年7月12日
高校生に自転車の安全な乗り方や交通ルールの交通安全教室を行いました。自転車の左側通行、一時停止違反、並進の禁止など正しい自転車のルールを高校生は真剣に聞いていました。自転車はとても便利な乗り物ですが、過去の交通事故の事例などをあげ、被害者にも加害者にもなる乗り物であることを講話し、交通事故防止の意識高揚を図りました。

保育園で交通安全教室

保育園で交通安全教室を開催しました。

2022年7月12日
保育園で横断歩道の渡り方などの交通安全教室を行いました。子供の交通事故の特徴として「飛び出し」があります。横断歩道を渡る前には必ず「止まる」ことをしっかりと覚えてもらい、横断歩道マットで渡り方を練習しました。

愛内里菜さんの一日警察署長

愛内里菜さんを一日警察署長に委嘱しました。

2022年5月21日
歌手の愛内里菜さんを一日警察署長に委嘱しました。大型スーパーで交通事故防止、犯罪抑止を呼びかけるキャンペーンを行った後、金山駅の利用者に対しては交通事故防止等を呼びかけながら反射材などの啓発品を配布しました。

自転車の交通ルール

大型スーパーで自転車教室を開催

2022年6月18日
大型スーパーで、自転車の交通安全教室を行いました。子供連れの保護者の方や小学生が自転車のルール、ヘルメットの重要性及び自転車保険の大切さなどを学び、交通事故防止の意識向上を図りました。また、屋上では第一交通機動隊自転車対策小隊(B-Force)の実践的な交通安全教室も併せて行いました。

キャンペーンの様子

春の全国交通安全運動期間中に交通事故防止を呼びかけました。

2022年4月 7日
管内の大型スーパーで熱田区役所と協力して、交通事故防止や犯罪抑止などを呼びかけるキャンペーンを行いました。
キャンペーンでは、自転車のヘルメット着用を呼びかけたり、特殊詐欺が多発している現状など説明したうえでチラシや反射材を配布しました。

グランドゴルフで集う高齢者

グランドゴルフで出張型交通安全講話をしました

2022年4月 6日
グランドゴルフで集まっている高齢者に出張型交通安全講話を行いました。
愛知県では交通死亡事故多発警報が4月9日まで発令されています。特に高齢者が犠牲となる交通事故が多発していることから高齢者交通事故の特徴でる「あじのひらき」などを説明した後、鞄用の反射材を配布して交通事故防止を呼びかけました。

1323