愛知県警察

top
menu

 

西警察署052-531-0110

 

締結式、広報活動の状況

西区自転車安全利用の日の制定に伴う締結式及び広報啓発活動

2021年11月 2日
西警察署は、西区役所とともに毎月24日を「西区自転車安全利用の日」と定め、10月20日に区内の小・中学校校長会など8団体と締結式を行い、覚書を結びました。
この制定は、県条例の改正で、本年10月1日から保険加入の義務化とともに、自転車利用者の全年齢対象でヘルメット着用が努力義務化されたことを受け、さらには自転車の交通事故、盗難被害の防止を図る目的で制定されました。
また、10月22日には「西区自転車安全利用の日」制定に伴い、秩父通信号交差点において、区長を始め、上名古屋学区、協力企業の方々とともに、自転車利用者に対し、自転車の交通事故、盗難被害防止に関する広報紙を配布し、ヘルメット着用の促進などについて呼び掛けました。
 
 

特別警戒隊のボート訓練状況

庄内緑地公園においてボート訓練を実施

2021年10月18日
西警察署特別警戒隊は、庄内緑地公園ボート池でボート訓練を行いました。
訓練では、実際にゴムボートを組み立て、池にボートを浮かべてボートの操船を行いました。
西警察署では災害発生時に備え、日々訓練をしています。
皆様方も、日ごろから災害に対する備えをしておきましょう。

エコバッグの写真

オリジナルエコバッグを作成!

2021年10月11日
西警察署では、本年10月1日から自転車乗車中のヘルメット着用が全年齢対象で努力義務化となったことを受け、名古屋高速道路協会や交通安全協会西支部の協力を得て、ヘルメット着用の大切さを知ってもらうためにオリジナルエコバッグを作成しました。
エコバッグは赤、黒、紺の三色を用意して「ヘルメットをしていますか?」という意味の英語などが印刷されており、今後、啓発活動などを通して住民の方に配布していく予定です。

N-Force出発

西警察署の自転車取り締まり部隊「N-Force」の出発式

2021年9月22日
西警察署では、自転車乗車中の交通事故を減らすために、自転車取り締まり部隊「N-Force」の出発式を行いました。
西署管内では昨年、交通事故でけがをした人のうち、約28%が自転車乗車中で、市内の警察署では割合が最も高いものでした。
「N-Force」の由来は、「N」が西の頭文字で、「Force」は部隊を意味します。
「N-Force」は毎日、4人が主に自転車で巡回し、自転車に乗っている人などに対し、交通指導取り締まりを行います。
皆さんも自転車を運転する際は、交通ルールを守って、悲しい交通事故を1件でも減らすことのできるよう努めていきましょう。

エンジンカッターを使用して扉を切っている状況

大規模災害を想定した合同救助訓練

2021年9月24日
西警察署では西消防署、西区役所、ドローン操縦の講習を行っている会社と合同で、取り壊し予定の団地を活用し、訓練に取り組みました。
 訓練では、ドローンを使用し、8階建ての高層階に救助者がいないかどうかの確認、室内に閉じ込められた人をエンジンカッターなどの工具で玄関扉を切断し、室内から救助するなどより実践的に行いました。

浅間町交差点においてサインボードを使用して交通安全を呼びかける状況

交通死亡事故無失点(ゼロ)スリーアウトキャンペーンの実施

2021年7月15日
7月11日から20日まで行われた「夏の交通安全県民運動」の期間中に、浅間町交差点で交通死亡事故無失点(ゼロ)スリーアウトキャンペーンを行いました。
キャンペーンでは、「歩行者保護・飲酒運転・自転車利用」の違反を県民に対して、3つのアウト(スリーアウト)しないよう呼びかけるとともに、交通死亡事故無失点(ゼロ)を目指して、管内の高校野球部員と企業のCSR活動として連携し、ドライバーや歩行者に対してサインボードを掲げて交通安全を呼びかけました。

委嘱式等の画像

ヘルメット着用推進モデル校委嘱式

2021年6月22日
管内の高校でヘルメット着用推進モデル校の委嘱式を行いました。
同時に、200日間自転車無事故無違反ラリー参加校であることを生徒に周知するため、自転車の事故防止と、ヘルメットを着用するように呼びかけました。

講習を受ける配達員

配達員に対する自転車の実技講習

2021年6月 7日
管内の自動車学校で、愛知県庁と名古屋市役所の職員と共に、配達員に対する自転車実技講習会を行いました。講習では、実際に教習コースを走り、一時停止の正しい方法や大型車両の死角などについて体験してもらいました。このような配達員に対する実技講習会は東海地方初で、県警第一交通機動隊の自転車対策小隊「B-Force(ビーフォース)」が自転車の乗り方等指導をしました。講習参加者は「街中で、危ない走りをしていた。これからはしっかりと交通ルールを守って走りたい」などと話していました。

自転車の交通事故が多発しているため、このような講習会を通じて、配達員の方が他の人の模範となるような自転車の運転をすることで、名古屋市全体の自転車の交通安全に対する意識の向上につながることと考えています。

立哨活動の実施状況

自転車道で啓発活動と交通違反自転車への指導取締りの実施

2021年4月12日
国道22号線に新設された自転車道で、地元の西区女性交通安全推進委員の方々と連携し、自転車道を通行する自転車利用者に交通ルールの遵守を呼びかける立哨啓発活動を行いました。
自転車道は令和3年3月29日に開通し、西区内は、幅下橋西交差点付近から押切交差点までの約750メートルに整備されています。
交通ルールを守って、交通事故防止に努めましょう。
 
 
 

巡回キャンペーンカーが西警察署を訪問

巡回キャンペーンカーが西警察署を訪問

2021年4月 7日
名古屋市西区商店街連合会が主催する「な・ご・や商業フェスタ2021」で地域の活性化のため名古屋市西区内の官公署、商業施設等を巡回キャンペーンカーで表敬訪問するというイベントが催されました。
キャンペーンカーが西警察署を訪問し、駐車場において花束の贈呈、催し物等が行われ、歓声が上がるなど大いに盛り上がりました。
署長から、管内をより良くするためにご協力をお願いしました。

(中)林聡子さん(右)エリアマネージャー

感謝状の贈呈~特殊詐欺被害を未然防止~

2021年1月28日
特殊詐欺被害を未然に防止した、コンビニエンスストアの店長へ感謝状を贈呈しました。
来店した女性客が困惑しながら携帯電話で通話をしていたため、店長が声をかけたところ、「パソコン画面にウィルス感染通知が表示され、その連絡先に電話をしたらギフトカードを購入するように言われた。」との返答がありました。特殊詐欺と直感した店長は、女性客を説得し、被害を未然に防止してくださいました。

1283