田原警察署  

緊急時は110番

Web110番に接続

警察相談専用電話

#9110 (短縮ダイヤル)

052-953-9110

(ダイヤル回線・一部IP電話)

月曜日~金曜日
(年末年始・休日を除く)

午前9時~午後5時

  • メール受付のご案内
  • よくある警察相談Q&A
  • 落とし物忘れ物検索
  • 統計情報
  • 法律・条令・制度

ここから本文です。

活動レポート

110番の日

110番の日

2018年1月10日(水曜日)

1月10日は『110番の日』です。管内の商業施設において、適切な110番使用を呼びかけました。『110番』は警察への緊急通報手段です。緊急性のない相談やお問い合わせなどは、最寄りの警察署、各種相談窓口や警察相談専用電話『#9110』など専用電話を利用してください。

特殊詐欺被害防止の功労に対する署長感謝状の贈呈

特殊詐欺被害防止の功労に対する署長感謝状の贈呈

2017年12月27日(水曜日)

架空請求詐欺、オレオレ詐欺事件を未然に防止した管内の金融機関2店に署長感謝状を贈呈しました。
管内において、農協等の職員を騙る等振り込め詐欺の前兆電話が架かってきています。電話でお金の話になったら、まずは詐欺を疑い一度電話を切り、相談してください。
また、架空請求詐欺のハガキ、メール等の相談が寄せられています。お金を要求するハガキやメールに記載された連絡先に絶対に電話をかけてはいけません。心配な方は、最寄りの警察署や消費者ホットライン(188)に相談してください。

災害時等の重機支援に関する協定締結式

災害時等の重機支援に関する協定締結式

2017年12月7日(木曜日)

田原警察署は、田原土木協会、田原建設業協会と災害時等の重機支援に関する協定を締結しました。地震、風水害等の自然災害や大規模な自動車・列車事故等が発生した場合、田原土木協会及び田原建設業協会に加盟する事業者から重機による支援を受けることで迅速な救出活動を行い、一人でも多くの命を守ることを目的とします。

年末特別警戒出陣式

年末特別警戒出陣式

2017年12月1日(金曜日)

管内の広場において、警察、市役所、消防、コノハキッズ、防犯ボランティア団体等が集合し、年末特別警戒出陣式を行いました。
12月1日から20日までの20日間、「年末の安全なまちづくり県民運動」が実施されています。「犯罪にあわない」「犯罪を起こさせない」「犯罪を見逃さない」の3N(ない)のスローガンを掲げ、地域が一体となった県民総ぐるみ運動を展開していきます。

野田地区安全・安心体験型防犯教室

野田地区安全・安心体験型防犯教室

2017年11月16日(木曜日)

管内の野田地区において体験型の防犯教室を開催しました。開田署長が防犯・交通安全の講話を行ったほか、警察官が犯人役となりガラス割りの実演を行うことにより、補助錠、防犯シート等の重要性、活用を呼びかけました。また、災害対策として来場者にシェイクアウト訓練を行ってもらいました。

署見学の園児からの激励の色紙

署見学の園児から激励の色紙をいただきました

2017年10月31日(火曜日)

署見学に訪れた管内の園児から、激励の絵付きの色紙をいただきました。田原市の安全・安心を守る活動に、これからも取り組んでまいります。

青色防犯パトロール隊との合同パトロール

青色防犯パトロール隊との合同パトロール

2017年10月19日(木曜日)

秋の安全なまちづくり県民運動の一環として、田原市役所において管内の青色防犯パトロール隊が集結し、出陣式を行ったのち警察車両と合同でパトロールを行いました。
安全に安心して暮らせる社会をつくるには、「自分の身は自分で守る」「犯罪の起きにくい社会を自分たちの力でつくる」という気持ちが大切です。この運動の機会に、もう一度、自分の身のまわりの防犯について考え、ご家庭や地域で話し合ってみましょう。

渥美地区安全・安心体験型防犯教室

渥美地区安全・安心体験型防犯教室

2017年10月11日(水曜日)

管内の渥美地区を対象に身近に起きる事件・事故の防止対策として、体験型の防犯教室を開催しました。防犯教室では、開田署長が防犯・交通安全の講話を行ったほか、警察官が犯人役となりガラス割りの実演を行うことにより、補助錠、防犯シート等の重要性、活用を呼びかけました。また、災害対策として来場者にシェイクアウト訓練を行ってもらいました。

田原市交通安全高齢者自転車大会

田原市交通安全高齢者自転車大会

2017年10月3日(火曜日)

田原市在住の高齢者の方が校区別の4名のチームを作り、自転車の交通ルールと安全走行技術を競う大会が開かれました。優勝した六連校区チームは来年の県大会に出場します。ご参加された皆様お疲れ様でした。
高齢者の方は、夜間の外出はなるべく避けましょう。薄暮時間帯以降の外出時は、反射材を身につけましょう。

ダンプカーによる交通安全パレード

ダンプカーによる交通安全パレード

2017年9月20日(水曜日)

田原警察署、田原ダンプカー等交通安全協力会等は、市内の小学校低学年児童、保育園児に実際にダンプカーに乗ってもらい、運転席から見た死角部分を体感してもらうとともに、飛び出し事故、左折巻き込み事故の体験教室を開きました。その後、白バイ、パトカー先導で、「交通安全運動実施中」の横断幕をつけたダンプカー5台が連なり、市内を交通安全パレードしました。
9月21日から30日までの10日間、秋の全国交通安全運動が実施されます。日没時刻が日増しに早くなることから、早めにライトを点灯し、自分の車の存在を知らせるようにしましょう。

トライアスロン伊良湖大会

トライアスロンの大会にて警察広報

2017年9月10日(日曜日)

田原警察署は、管内で開催されたトライアスロンの大会会場において警察ブースを作り、防犯、交通安全、災害対策等の警察広報を行いました。田原署マスコットキャラクター「サーファーコノハけいぶ」と写真を撮るコーナーを設けるなど、来場者に防犯や交通安全などについて呼びかけました。

合同水難救助訓練

合同水難救助訓練

2017年9月2日(土曜日)

ボディーボード世界大会開催地の太平洋ロングビーチで、県警航空隊、田原市消防署、地元サーファーで作る安全波乗隊と合同で水難救助訓練を行いました。訓練では、海で2人が浮かんでいる想定で、波打ち際の1人を安全波乗隊が心臓マッサージやAEDを行い救助し消防に引継ぎ、もう1名は県警ヘリがつり上げ、医療機関まで搬送しました。台風などの影響で波が強い時には海には入らないでください。もし沖へ流された場合は、早くまわりの人に知らせて救助を待ってください。

ケイワン

第2回シニア軽-1(ケイワン)グランプリ

2017年8月29日(火曜日)

第2回「シニア軽-1(ケイワン)グランプリ」(地域コミュニティ協議会対抗高齢者軽自動車安全運転競技大会)を行いました。田原市内各地域コミュニティ協議会から選ばれた70歳以上の高齢者3名の選手が後退、方向転換、一時停止、スラローム等設置のコースを走行しました。出場者には、運転能力の衰えを自覚してもらい、安全運転への意識の再徹底をしてもらいました。

合同パトロール

海浜合同パトロール

2017年8月20日(日曜日)

田原警察署は、海上保安庁・田原市・自主防犯ボランティア等と合同で管内のサーフスポットである海岸の合同パトロールを行いました。合同パトロールは、7月9日、8月5日に続き今年3回目。車上ねらいや水難事故の注意喚起を行いました。パトロールの模様については、地元ケーブルテレビで放送される予定です。

防犯少年団と合同パトロール

防犯少年団と合同パトロール

2017年8月9日(水曜日)

田原警察署は、管内商業施設において防犯広報を行いました。防犯少年団がパトカーや青パトに乗車して、管内をまわり、施錠や防犯フィルム等の対策を広報したほか、安全なまちづくり推進指導員等が啓発チラシを配布しました。

体験型防犯教室

体験型防犯教室

2017年8月2日(水曜日)

夏の安全なまちづくり県民運動の一環として、地区市民館において開田署長が防犯講話を行ったほか、署員が実際に窓ガラスを破る侵入手口の実演を行い、二重ロック、防犯シートの活用を呼びかけました。
また、自主防犯組織「いずみ見守り隊」が「短時間での外出でも施錠を確実にしてほしい」と訴えました。

交通安全金魚

交通安全金魚

2017年7月28日(金曜日)

田原警察署は、交通安全・防犯で協力して頂いている方より、リボンで作られた「交通安全金魚」の寄贈を受けました。
交通安全金魚は車や玄関先などにつけられるようになっており、交通安全ボランティアの方が市内の高齢者宅を訪問する際に手渡しされ、交通安全防止をPRします。

業務説明会

体験型業務説明会

2017年7月15日(土曜日)

田原警察署において体験型業務説明会を開催しました。パトカー・白バイの見学や鑑識体験などを行いました。
採用情報は、愛知県警察ホームページトップの採用情報よりご確認ください。